史上初?とろとろ湯どうふを食べつくす「湯どうふフェス」に行ってみた

史上初?とろとろ湯どうふを食べつくす「湯どうふフェス」に行ってみた

美肌の湯としても有名な佐賀県の嬉野温泉で昔から食べられてきた名物は、とろとろの湯どうふ。美肌効果のお湯で作る湯どうふは、そんじょそこらの湯どうふとは違うのだとか。

そんな嬉野温泉の湯どうふが足湯や神社まで引き連れて、東京に出張中と聞きつけて行ってみました。果たしてどんなお味なのでしょう?

〇浴衣に湯桶で温泉気分

オフィス街に突如出現した巨大なピンク色ののれん。くぐればそこは温泉街……、かと思ったらお豆腐屋さんがずらり。東京・品川シーズンテラスで開催された佐賀県嬉野温泉直送の「湯めぐり」ならぬ「湯どうふめぐり」を楽しむイベント『嬉野温泉 presents とろとろ温泉湯どうふガーデン』です。

前売り券はなんと木製の湯桶。こちらと特製手ぬぐいが自宅に届くとのこと。(当日引き換えも可)入場ゲート前では浴衣のレンタルもありました。湯桶に手ぬぐい、浴衣と来れば、外湯めぐりの帰りに温泉街をぞろぞろ散歩するような気分です。

〇シンプルなのに個性的な湯どうふ

のれんの入場ゲートをくぐると湯どうふの屋台が並んでいます。店先の木枠の桶で温めてある豆腐から豆腐の成分が染み出して、お湯がじんわり白く濁っているのを眺めるだけでも、湯どうふのやさしい温かさが恋しくなってきます。お店は5軒で、豆腐屋さん、温泉宿、お茶屋さん、社会福祉法人と業種はさまざま。

基本フォーマットは豆腐にごまだれ、薬味はねぎ、しょうが、かつお節とほぼ同じですが、それでも個性がはっきり出てくるのが不思議。固めの豆腐にぴりっと辛いたれという硬派な湯豆腐もあれば、ゆるゆるに溶けた柔らかい豆腐に甘めのたれというスイーツ風も。するっとお腹に入ってくるので、意外とハシゴができてしまいます。

また特製湯桶に湯どうふのお皿がぴったりはまるので持ち歩きにも便利。湯桶で湯どうふを食べているような不思議な感覚も。この日は週末の昼間とあって、家族、カップルが多かったですが、平日の夜は仕事帰りのサラリーマンが湯どうふを肴に地酒で一杯、という光景も見られたようです。佐賀の地酒や特産品の販売もあり自宅でも地元の美味しいものが味わえます。

〇美肌の湯でつくるとろとろ湯どうふ

嬉野温泉湯どうふは、日本三大美肌の湯と言われる嬉野温泉で長年食べられてきた名物料理です。使われる豆腐には、(1)地元産大豆フクユタカを100%使用、(2)濃度12%以上の濃厚豆乳を原料にする、(3)凝固剤を使わず天然にがりだけで固めて作る、という認定基準があります。

この公認豆腐を美肌効果の高い弱アルカリ性のお湯で温めると、豆腐のタンパク質が溶けてとろとろクリーミーな食感になるのだとか。嬉野温泉の宿では朝食に湯どうふが定番だそうですが、確かに前夜の宴会で重たい胃にもやさしそうです。会場にはご当地キャラクターのゆっつらくん、壺侍も出動し人気を集めていました。

〇ヘルシー✕美肌✕恋愛祈願で女子を狙い撃ち

さらに足湯、手湯も登場。どちらも嬉野温泉からわざわざ運んできたお湯なので、美肌効果は現地同様。東京の乾燥した空気に温泉のお湯は温かく、長く浸かっていると徐々に肌の潤いが増していくような気もします。

そして、同じ佐賀県にある日本三大稲荷のひとつ祐徳稲荷神社も出張中。こちらは恋愛成就のパワースポットとしても知られているのだとか。ヘルシー湯どうふ、美肌温泉に恋愛成就祈願まで付いてきて、いたせり尽くせりの内容になっています。

〇ぬくもりの欲しい季節は嬉野温泉へ!?

やさしい温もりが欲しい冬の季節は、湯どうふが恋しくなります。嬉野温泉湯どうふは、嬉野温泉のお湯だからこそ出せるとろとろ食感で、朝食でもお酒のあてでも、はたまたスイーツ感覚でも楽しめそうでした。

東京の湯どうふガーデンは終わってしまいましたが、佐賀にはあります。湯どうふを求めて冬の嬉野温泉へ、というのもオツな旅かもしれません。

取材/山根大地(イベニア)  


関連記事

おすすめ情報

イベニアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索