新宿・ヒルトン東京「マーブルラウンジ」では、9月3日(金)より11月11日(木)まで『魔法使いの学校』がテーマの秋のスイーツ&ランチフェアが開催される。

今回のハロウィンシーズンのフェアは魔法が詰まっている。始業のチャイムが鳴ると、魔法使いの学校の門が開き、摩訶不思議な世界へとゲストをいざう。魔術の本が山積みされた図書館や特別な生徒だけが入部を許される、「魔女のオーケストラ」をイメージしたエリア、錬金術を学ぶ「魔法の実験室」や学生達が住む「魔法使いの寮」などを思わせる空間が。

エグゼクティブ・ペストリーシェフ・播田修(はりたおさむ)氏による20種類のスイーツ、10種類のお食事、ドイツの高級紅茶ブランド ロンネフェルトのティーセレクションを含む15種類のドリンクを味わえる。

今回のフェアに合わせ、CGIアーティスト兼ARエフェクトクリエーター、エイドリア・シュテッケヴェー氏によるオリジナル インスタグラムARエフェクトをホテルのスイーツビュッフェで初めて利用できる。

これはARフィルターを用い、自分が選んだスイーツに魔法をかける特別体験。テーブル上のスイーツに魔法のようなエフェクトがかかる、魔法使いの学校の世界観を楽しめる。

ネーミングもユニークなグラススイーツや焼き菓子など、全てアフタヌーンティースタンドやスイーツワゴン、シェフによるプレートサービスにて味わおう。充実の食事ラインアップを多数取り揃えた今回のビュッフェでは、前菜など4種類を日替わりで用意。メインディッシュ4種類も日替わりでするので、ランチ、アフタヌーンティーはもちろん、早めのディナーとしても満足できる内容となっている。

ドリンクは、ドイツの高級紅茶ブランド ロンネフェルトから定番に加え、「アイリッシュウィスキー」や「ルイボスバニラ」など秋のスイーツにふさわしい紅茶をセレクト。淹れたてコーヒーやアイスドリンクなど約15種類のドリンクがそろう。

人気のフォトスポットであるビュッフェ台は、実際に提供されるスイーツのレプリカとテーマに合わせたデコレーションをセット。いつでもきれいな状態で撮影できる「プレゼンテーション・ビュッフェ」に変更された。

さらにビュッフェ台がそのまま移動するかのようなフォトジェニックな「スイーツワゴン」が各テーブルを周るほか、出来立てのスイーツが用意され、シェフが一皿毎にサーブする「ライブステーション」も。密を避けるために6〜9部制での案内など、安心安全に楽しめる。

<開催期間>
2021年9月3日(金)〜11月11日(木)

<営業時間> 
月〜金 11:30〜17:00
土日祝 11:30〜20;00
11時半から17時までの6部制(土・日・祝は20時までの9部制)にて毎日開催

<料金>
お1人様 ¥5,000 (土・日・祝日¥5,400) 
※税金、サービス料を含む

<会場>
「マーブルラウンジ」
新宿区西新宿6丁目6−2(ヒルトン東京1F)