2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)まで東京ステーションギャラリーにて「ハリー・ポッターと魔法の歴史」展が行われる。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の出版20周年を記念し、 イギリス・大英図書館史上最大の成功を収めた展覧会。

現代のファンタジー文学として、 20年にわたり世界的な人気を誇る「ハリー・ポッター」シリーズ。 その物語の背景には、イギリスをはじめ世界各国に古くから伝わる魔法や呪文、占いなどがある。

科学が発達していなかった時代、 薬草による治療や占星術による占いは魔法のように考えられていた。かつての書物をひも解くと、そこには当時の人々が信じた魔法や魔術の記録が残されている。

このイベントでは、 ロンドン・大英図書館が誇るコレクションから、 ハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校の科目に沿って、 魔法薬学、 錬金術、 天文学、 占い、フェニックスやドラゴンといった想像上の動物などにまつわる貴重な資料を選び抜き紹介。

同展覧会は10章で構成され、科学が発達していなかった時代に人々が信じていた魔法や魔術にまつわる資料を展示。ハリー・ポッターの世界の底流にある伝承や魔法の歴史をひもとく。

さらに原作者 J.Kローリングと同シリーズの出版社のコレクションから、直筆原稿やイラスト原画も展示される。

【国際巡回展】
大英図書館が2017年に企画・開催した展覧会“Harry Potter: A History of Magic”の国際巡回展で、 昨年のニューヨーク・ヒストリカル・ソサエティに続き、 日本での開催が決定した。 大英図書館の大規模な展覧会が日本に巡回するのは初めての試みであり、 その充実したコレクションの一端を見られる絶好の機会となる。

◆会期
2021年12月18日(土)〜2022年3月27日(日)

◆開館時間
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで) ※入場は閉館の30分前まで

◆休館日:月曜日、12月29日(水)〜1月1日(土・祝)、1月11日(火)
※ただし1月10日(月・祝)、3月21日(月・祝)は開館

◆場所
東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1丁目9−1)

◆料金
一般2,500円、高校・大学生1,500円、小・中学生500円

※イベント情報は諸状況で場所・日程・時間等が変更する場合がございます。事前に最新情報をご確認の上お出かけください。