マンホールの撮影と投稿やレビューを行うことで、インフラ老朽化に立ち向かう市民参加型のイベント「全国マンホール聖戦 お盆祭」が2022年8月11日(木)〜21日(日)まで開催される。

この企画は市民参画型インフラ情報プラットフォームの構築・提供・運営を行う Whole Earth Foundation (以下、WEF)によるもの。「マンホール聖戦」は、位置情報ゲームアプリ「鉄とコンクリートの守り人」を活用し、マンホール写真投稿数で競い合うことで、条件に応じた賞品を獲得できる社会貢献型のイベントだ。

これまでに集められたマンホール蓋の画像枚数は80万枚を突破。集めた画像を検証して傷んだ蓋の交換につなげるなど、老朽化が問題となっているマンホール蓋の維持管理の効率化に役立てることを目的として開催されている。

この取組みは、市民が IT などのテクノロジーを活用して社会課題の解決を目指す、「シビックテック」(※)の取り組みのひとつとして、またゲーム要素を取り入れたユニークな取組みとして注目を集めている。マンホール画像を撮影していくなかで、地域のインフラに興味を持ってもらい、デザインの違いなども学ぶことができる「マンホール聖戦」は、夏休みの自由研究にもぴったりだ。
※シビック(市民)とテック(テクノロジー)の組み合わせ

夏休みは、帰省先や旅行先など、まだ投稿数の少ないエリアを狙って投稿数を稼ぐ大チャンス。マンホール投稿数上位の都道府県は、さらに当たりやすくなるボーナス企画も実施される。

今回も賞金総額100万円が用意され、マンホール投稿数に応じた上位賞(3名)のほか、投稿者の中からAmazonギフト(1,000円分)が抽選で当たる「マンホールくじ」(400口)を設定。さらに、お盆特別企画として、期間中の投稿数上位20都道府県には、順位に応じてAmazonギフト(5,000円〜10,000円分)が地域ごとに抽選で当たる「お盆帰省ボーナス」も。

また、マンホールのレビューをした人を対象とした「レビューくじ」、公式Twitter(@Guardians__City)をフォローの上、イベントに関する投稿をリツイートした人、アプリの指定スクリーンショットを添付しツイートした人を対象に、計20名にAmazonギフト(1,000円分)が当たるTwitterフォロー&リツイートキャンペーンも実施される。

<開催日時>
2022年8月11日(木)〜8月21日(日)

<対象地域>
全国