新たに収蔵した名品を初めてお披露目

19世紀末から20世紀半ばにかけて活躍したフランスの画家ピエール・ボナールの、昨年度収蔵された絵画作品「プロヴァンス風景」(1932年)を初披露する。震えるようにきらめく様々な階調の色彩が散りばめられた、まるで宝石箱の中のような名品だ。日本画、洋画、現代の絵画にいたるまでの計22点がこの「プロヴァンス風景」と共演し、日本の近現代美術を新しい視点から鑑賞することができる。


開催日時
2022年5月17日(火)〜10月2日(日)
10:00〜17:00
備考
休館日は月曜日、ただし祝日の場合は開館しその翌日休館。金曜・土曜は10:00〜20:00。入館は閉館30分前まで。
会場
東京国立近代美術館2階 ギャラリー4
東京都千代田区北の丸公園3-1
料金
有料
観覧料:一般500円(400円)、大学生250円(200円) ※( )内は20名以上の団体料金。
アクセス
公共交通:東京メトロ東西線「竹橋」駅1b出口より徒歩約3分
車:-
駐車場
なし
お問い合わせ
050-5541-8600(東京国立近代美術館(ハローダイヤル))
ホームページ
https://www.momat.go.jp/am/exhibition/pierrebonnard2022_2/
イベント備考
-

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります