多層世界の中で変化していくリアリティとは

オンライン・プラットフォームを活用した「多層世界」シリーズの3回目となる企画展。さまざまな場面で私たちはリアルなものとヴァーチュアルなものが共存する世界を生きるようになっている。この展覧会では、これからの私たちのリアリティのあり方とは、アクチュアルなものとは何かを考える。出品作家は内田聖良、佐藤瞭太郎、柴田まお、たかはし遼平、谷口暁彦、トータル・リフューザル、藤原麻里菜。会場デザインはNOIZ。


開催日時
2022年12月17日(土)〜2023年3月5日(日)
11:00〜18:00
備考
休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/26〜1/4)、保守点検日(2/12)。
会場
NTTインターコミュニケーション・センター 「ICC」
東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティタワー4階
料金
有料
入場料:一般500円(400円)、大学生400円(300円) 「ICC アニュアル 2022」展とのセット券:一般800円(700円)、大学生600円(500円)
アクセス
公共交通:京王新線初台駅東口から徒歩約2分
車:首都高速4号線新宿ランプ下車山手通り・甲州街道交差点
駐車場
あり 500台
30分300円 車高2.1mまで
お問い合わせ
0120-144-199(NTTインタコミュニケーション・センター)
ホームページ
https://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2022/viewpoints-of-reality-in-the-multi-layered-world/
イベント備考
入場は事前予約をした人優先。予約受付は来館希望日の7日前午前11時より各入場時間の終了まで。

※掲載の情報は天候や主催者側の都合などにより変更になる場合があります