全国各地の老舗から秋の和菓子が集結する催事「本和菓衆2021(ほんわかしゅう2021)」が、銀座三越 本館地下2階にて2021年11月3日(水・祝)から11月9日(火)までの期間限定で開催される。

老舗和菓子店のユニークな和菓子が集結

「本和菓衆2021」は、全国から老舗和菓子店の若旦那衆10人が集結し、“伝統×革新”を合言葉にユニークな新作和菓子を展開するイベント。今回は、秋にぴったりの個性豊かな和菓子が勢揃いする。

大納言小豆&バタークリームの玉子せんべいサンド

表面に描かれたイラストが愛らしい、田中屋せんべい総本家の「アンちゃんのたまごdeサンド」は、丹波大納言小豆とバタークリームをサンドした玉子せんべい。片面はプレーン、もう片面はコーヒー風味の玉子せんべいを使用している。冷凍販売されるため、そのまま食べるとアイスクリームのような味わいを楽しめる。

“月の浮かぶ”羊羹やホクホクさつまいもの羊羹

乃し梅本舗佐藤屋の羊羹「つきのよ」は、空に浮かぶ月のような見た目がアイキャッチな1品。月に見立てた梅羹を、黒糖とラムの羊羹の中心にあしらった。また、龜屋とさつま芋専門カフェ・oimo cafēのコラボレーションによる「おいもようかん」は、川越芋を100%使用。“秋の味覚”のさつまいものホクホク食感を堪能できる。

クセになる食感の煎餅&最中チーズケーキも

加えて、新感覚の和菓子にも注目。平治煎餅の焼型を使用して焼き上げた、平治煎餅本店の「平治のやらかいせんべい」は、外側はしっかり食感ながら、中はふわふわしっとりとした食感がクセになる。柳屋奉善からは、最中の皮に、ベイクドチーズケーキの生地を流して焼き上げた「米クド・チーズ最中」が登場。最中に羊羹を流した柳屋奉善の代表銘菓「老伴(おいのとも)」から着想を得た、和洋折衷のチーズケーキとなっている。

【詳細】
本和菓衆2021
会期:2021年11月3日(水・祝)〜11月9日(火)
※三越伊勢丹オンラインストアでは10月6日(水)10:00〜11月2日(火)10:00まで販売、11月8日(月)以降順次配送予定。
会場:銀座三越 本館地下2階 GINZA ステージ
住所:東京都中央区銀座4-6-16
商品例:
〈岐阜/田中屋せんべい総本家〉アンちゃんのたまごdeサンド1袋(2個入) 756円
〈山形/乃し梅本舗佐藤屋〉つきのよ 1棹 1,296円
〈埼玉/龜屋〉おいもようかん 1個(300g) 901円
〈三重/平治煎餅本店〉平治のやらかいせんべい 14枚 648円
〈三重/柳屋奉善〉米クド・チーズ最中 プレーン・ショコラ各1個 各378円

※画像はWEB FOODIEより流用。