シンガポール発のラグジュアリーホテル「カペラ」が日本初上陸。「カペラ京都」が、2025年夏、京都市東山区にオープン予定だ。

シンガポール発ラグジュアリーホテルが日本初進出

カペラホテルグループが運営する「カペラホテルズ&リゾーツ」は、シンガポール、バンコク、ハノイ、バリ島・ウブド、上海、海南島などで事業を展開するラグジュアリーホテルブランド。今後もモルディブ、シドニー、韓国に、続々とホテルがオープンする予定だ。

京都・東山区にオープン

日本初上陸となる「カペラ京都」は、京都市東山区・新道小学校の跡地に建設。京都五花街のひとつ、宮川町の芸妓・舞妓が伝統伎芸を披露する「宮川町歌舞練場」に近接している。周辺には、清水寺や八坂神社、建仁寺、鴨川など、世界的に有名な観光地があり、観光拠点としての利便性も高い。

92の客室やレストラン、スパなどを完備

建物は、地上4階、地下2階建て。スイートルームを含む92の客室のほか、レストラン、宴会場、スパを備え、カペラホテルグループのフラグシップホテルとして、世界最上級のホスピタリティを提供する。

建築デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所

なお、「カペラ京都」は、地域住民に100年以上愛されてきた新道小学校跡地にホテルを新設し、近接する「宮川町歌舞練場」や地域施設の建て替えを行う、NTT都市開発による再開発プロジェクトの一環としてオープン。建築デザイン監修は、隈研吾建築都市設計事務所が手がける。

【詳細】
ラグジュアリーホテル「カペラ京都」
オープン時期:2025年夏(予定)
住所:京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町130番、125番1
京都府京都市東山区新道通団栗下る二丁目下柳町165番
ホテル客室:92室(予定)
構造規模:地上4階、地下2階(一部地域施設を含む)
敷地面積:約4,014㎡ (一部地域施設を含む)
延床面積:約15,729㎡ (地域施設218㎡を含む)
交通:京阪本線「祇園四条」駅 徒歩4分
阪急電鉄京都線「京都河原町」駅 徒歩8分