芋スイーツ専門店「をかしなお芋 “芋をかし” 下北沢」が、東京・下北沢に2022年8月20日(土)オープンする。

芋スイーツ専門店「をかしなお芋 “芋をかし”」オープン

新店「をかしなお芋 芋をかし」は、老舗和菓子屋が手がける進化系和スイーツブランド「大三萬年堂HANARE」監修の芋スイーツ専門店だ。

店名の「芋をかし」は、平安時代に使われていた古語・いとをかし×芋のかけ言葉。趣がある、面白いなどの意味を持つ「をかし」という言葉は、現代語に置き換えると“エモい”に当てはまるように幅広い意味を持つことから、可愛らしく遊び心のある“エモい”芋スイーツを展開していくという。

さつまいもが主役の芋スイーツ

ラインナップは、さつまいもを主役にした芋スイーツの数々。「をかしな芋パフェ 焦がし”ぽんぽん”のせ」は、芋好きにはたまらない芋づくしのスイーツだ。紫芋アイスや安納芋「福井県産 とみつ糖蜜芋」の焼き芋などをのせたパフェの上には、新食感マシュマロ“ぽんぽん”をトッピング。バーナーで炙ると中から芋クリームがとろけてくる、ユニークな食感が特徴だ。

芋なのに“ゴクゴク飲めちゃう”ドリンク「恋来、飲む焼き芋」も注目。芋と豆乳を合わせた黄芋、紫芋のドリンクに、ホイップクリームやみたらしソースをコンビネーションした。トップには、芋バター餡の団子と芋チップスをあしらい、ボリューム満点の仕上がりに。

また、“ぷっくり”とした芋キャラメルクリームをキャラメリゼしてのせた「ぷっくり芋ブリュレ」や、夏季限定「夏芋のモンブランかき氷」もラインナップ。

しっとりほくほくの安納芋と軽やかなホイップクリームを挟んだ「糖蜜焼き芋サンド」や、ショコラ・エスプレッソ・黒蜜きなこと3種類のフレーバーが揃う「をかしな芋けんぴ」など、手土産にもおすすめなテイクアウトスイーツも用意している。

【詳細】
をかしなお芋 芋をかし 下北沢
オープン日:2022年8月20日(土)
住所:東京都世田谷区北沢2-12-15
営業時間:11:00〜20:00<不定休>
■メニュー例
・をかしな芋パフェ 焦がし”ぽんぽん”のせ 980円
・恋来、飲む焼き芋 650円
・ぷっくり芋ブリュレ 630円
・夏芋のモンブランかき氷 950円<夏季限定>
・糖蜜焼き芋サンド 650円
・をかしな芋けんぴ 450〜500円