「英国フェア 2022」が、大阪・阪急うめだ本店にて、2022年10月5日(水)から17日(月)まで開催される。

英国“マナー”を起点に英国フード&カルチャーを紹介

「英国フェア」は、イギリスの文化や伝統とともに、ライフスタイルを紹介する人気催事。55回目となる今回は、英国の伝統的な“マナー”において、パブ、コミュニケーション、エンターテインメントにフォーカス。英国フードや、オペラ・バレエ・競馬などのカルチャーを体感できるメニューやアイテムが揃う。

スコーンやフィッシュ&チップスなど英国フード

注目は、10月12日(水)より9階 催場に集結するスコーンやフィッシュ&チップスをはじめとする英国グルメ。英国屈指のラグジュアリーホテル「ザ・ドーチェスター」からは、アールグレイ柚子やチョコレートヘーゼルナッツなど、4種類のスコーンが登場。アフタヌーンティーが“ロンドンの六大アフタヌーンティー”に選ばれる程の味わいと魅力を誇る「ザ・ドーチェスター」ならではの、優雅な味わいを楽しめる。

また、シェイクスピアの戯曲をヒントにしたユニークなスイーツの実演販売や、200年以上の歴史を誇る、北ロンドンの「ダンズベーカリー」が手がけるしっとり食感のスコーン、スコティッシュ・ベーカー・オブザイヤー2019にてベストスコーンに選ばれた「バーネットベーカリースコットランド」の優しい味わいのスコーンなど、豊富なラインナップが店頭に並ぶ。

さらに、本場のパブの雰囲気を味わえる「サットン・アンド・サンズ」のフィッシュ&チップスや、じっくり煮込んだビーフシチューの旨味を凝縮した「ポールズ・プロパー・ブリティッシュ・パイズ」のビーフパイなども登場。ロンドンのビールコンテストでアワードを獲得した「ウィンブルドン・ブルワリー」からは、現地醸造所に隣接している“ウィンブルドンタップ”の再現コーナーが会場に。タップスタンドにて、ドラフトビールを提供する。

ロイヤル・オペラ・ハウスのオフィシャルグッズなど

英国の名門歌劇場「ロイヤル・オペラ・ハウス」を彷彿させる会場では、「ロイヤル・オペラ」、「ロイヤル・バレエ」のウェアやトートバッグ、キーホルダーなどのオフィシャルグッズが集結。「白鳥の湖」の衣装展示も行われる。

さらに、10月12日(水)からは、「スワンレイク」を再現したティールーム「ロイヤル・オペラ・ハウス・クラッシュルーム」も展開。ケーキ&クリームティーのセットをイートインで楽しむことができる。

加えて、英国王室主催の競馬レース「ロイヤル・アスコット」にも着目。別名“帽子の祭典”とも呼ばれる英国の一大イベントからインスパイアされた、帽子やコラボレーションバッグ、公式オリジナルグッズが販売される。

【詳細】
英国フェア 2022
場所:阪急うめだ本店(大阪府大阪市北区角田町8-7)
会場/開催期間:
・2022年10月5日(水)〜17日(月) 9階 祝祭広場
・10月12日(水)〜17日(月) 9階 催場
■商品例
・「ザ・ドーチェスター」スコーン(プレーン、アールグレイ柚子、サルタナレーズン、チョコレートヘーゼルナッツ) 各331円
・「ダンズベーカリー」アフタヌーンティーセレクション(ヴィエネーズサンドクッキー2種、ビクトリアタルト、フラップジャック、各1個) 1,836円
・「スイートシアター」チョコレートリース(フルーツグラノーラ) 540円
・「ウィンブルドン・ブルワリー」ドラフトビール ハーフパイント 880円 ワンパイント 1,540円
・「サットン・アンド・サンズ」フィッシュアンドチップス(レギュラーサイズ、1人前) 1,728円、(ラージサイズ、1人前) 2,106円
・「ロイヤル・オペラ・ハウス」バレエシューズキーホルダー 各1,980円

■ロイヤル・オペラ・ハウス・クラッシュルーム
期間:10月12日(水)〜17日(月)
価格:スワンレイククリームティーセット(ケーキ1個、スコーン1個、紅茶) 2,970円 ※各日限定200