フミト ガンリュウ 2020年春夏メンズコレクション - 新しく鮮やかな風景を投影、躍動するフォルム

フミト ガンリュウ 2020年春夏メンズコレクション - 新しく鮮やかな風景を投影、躍動するフォルム

フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)は、2020年春夏メンズコレクションを、2019年6月18日(火)に、フランス・パリのシャイヨー国立劇場で発表した。

新たな「風景」を見せるグラフィック

目に留まったのは、森林や空、海など、自然の情景を彷彿させるグラフィックプリント。「監視社会からのエスケープ」を求める人々に対して、新しい“風景”を提示する。鮮やかな緑のロングコートには、みずみずしく繁る木々が躍動感とともに描かれている。風除けや袖の俯瞰した図像と、その下から伸びるクローズアップした画のコントラストが面白い。アクティブな素材の軽やかさも相まって、身軽で爽快な印象を放っている。

その他、海の中のような深みのあるブルーのグラフィックを配したアシンメトリーなハーフパンツやオレンジからブルーへと移り変わるグラデーションを配したシャツ、水面に浮かぶ波紋を写し出したパンツ、鮮やかに咲くフラワープリントのクラッチバッグなども登場した。上空の風景はトップスに、地上の風景はボトムスに、と実際の位置関係に則って柄を配置することで、リアリティを生み出している。

ポップなカラーコーデ

明るくヴィヴィッドなカラーのウェアを組み合わせた、キャッチーなスタイリングも散見された。ヴィヴィッドピンクのブルゾンに、ブルーのTシャツ、イエローのパンツの組み合わせや、レッドのブルゾンにイエローのシャツ、パープルのパンツを組み合わせたルックなど、はっきりとしたカラー同士のスタイリングは、ポップなムードを演出する。カットソーやシャツは、異なる色の2枚をレイヤード。裾や合わせから異なるカラーを覗かせることで、遊び心を効かせている。

際立つパターンメイキングの独創性

フミト ガンリュウならではのパターンメイキングが際立つルックの数々にも注目したい。極端なオーバーシルエットのダッフルコートは、前シーズンに続いて登場したアイテムとなるが、デザインをアップデート。フード、身幅、袖、丈などにより一層ボリュームを持たせ、袖は着物のような造形に。波打つようなドレープが描くエレガンスと、分量がありながらもミニマルで品のある表情が印象的だ。

その他、生地をたっぷり使って仕立てたロング丈のトレンチコートや、緩やかなワイドパンツにテーラードジャケットを合わせたセットアップ、ウエストに紐を配したブラウス、バックの中心にプリーツを配し、裾に向けて広がるように仕立てたチェスターコートなど、シンプルながらもユニークさを感じられるピースを揃えた。

サロモン・スイコックとコラボ

スニーカーは、フランスのブランド・サロモン(SALOMON)とコラボレーション。ランニングやハイキングといったアクティビティに向けて作られた機能的なスニーカーに、革靴の配色を施して、凛とした表情に仕上げている。また、前シーズンに続いて、スイコック(SUICOKE)とコラボレーションした、幾何学的なフォルムのサンダルも登場。ストローハットは、日本のハットメーカー・Akio Hirataのアトリエにて制作された。


関連記事

ファッションプレスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索