人気書籍シリーズ『おばけずかん』が山崎貴監督で実写映画化。映画『GHOSTBOOK おばけずかん』として、新垣結衣と神木隆之介をキャストに迎え、2022年7月22日(金)に公開される。

人気書籍シリーズ『おばけずかん』山崎貴監督で実写映画化!

“大人が知らないベストセラー”として、全国の小学校の図書室で中々借りることが出来ないという人気書籍シリーズ『おばけずかん』。日常に潜むおばけと出会ってしまった時の対処法を教えてくれるユニークなストーリーで人気を博している。

そんな『おばけずかん』が実写映画化。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』の山崎貴が担当し、“おばけずかん”を手に入れた子供たちがおばけの住む世界で様々な試練に挑む物語を、CGによる高度な映像表現・VFXを駆使して映像化する。

新垣結衣&神木隆之介が出演

メインキャストは、オーディションで選出された城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香ら4人。映画『万引き家族』や『約束のネバーランド』に出演した城桧吏をはじめとする気鋭の子役たちを中心に、壮大な異世界冒険ファンタジーを描く。

また、子役たちに加え、メインキャストには新垣結衣&神木隆之介を抜擢。「リーガル・ハイ」「逃げるは恥だが役に立つ」など多くの作品に出演する新垣結衣と、映画『ホリック xxxHOLiC』や舞台『パ・ラパパンパン』など幅広いジャンルの作品で演技を続ける神木隆之介が子供たちと『おばけずかん』の世界を作り上げていく。

<登場人物>
・坂本一樹(城桧吏)
「おばけずかん」を手に入れたことで、おばけの住む不思議な世界へと迷い込んでしまう少年。一歩を踏み出す勇気が持てない。友達想い。
・工藤太一(柴崎楓雅)
一樹と共に不思議な世界へ迷い込んでしまう仲間の一人である少年。大人に心を開かない。1人で何でもこなすことが出来る。
・飯田サニー宗佑(サニーマックレンドン)
一樹、太一の仲間の少年。クラスのムードメイカーであり、誰にでも愛される少年。
・橘湊(吉村文香)
不思議な世界で一樹たちが再開する同級生の女の子。一樹がひそかに想いを寄せる。
・古本屋の店主(神木隆之介)
子供たちが「おばけずかん」を手に入れるために訪れた古本屋の店主。“願い事”と引き換えに、子供たちに“おばけずかんの試練”を与える謎の人物。
・葉山瑤子(新垣結衣)
軽い気持ちで子供たちの担任になった新米教師。ひょんなことから一樹たちと共に不思議な世界へと迷い込んでしまう。

<新垣結衣コメント>
子供達のとある試練に巻き込まれてしまった代替教員の瑤子を演じました。瑤子は子供達と一緒に過ごしている中で自分の漠然としていた未来とも向き合っていきます。

山崎監督の作品には2度目の出演となります。現場では、よく虫を捕まえていたり他愛もないおふざけをしたり、どのキャストより子供らしく感じられる瞬間もありました。そんな方だからなのか、山崎さんの作品ではいつも子供の心情が印象的に描かれているような気がします。

今作でもスクリーンで皆がどんな表情を見せてくれているのかとても楽しみにしています。

<神木隆之介コメント>
初めて山崎組に参加させて頂いたのですが、「子供たちに試練を与える存在」という謎が多い役柄で、演じていて楽しかったです。

次世代を担っていく子供たちと共演して、彼らが映画を通して何かに向かって挑戦していくパワーをすごく感じることができましたし、僕もたくさん刺激を受けました。子供たちが成長するスピードは早いので、映画の中でも彼らが成長していく姿をみるのが今から
楽しみです。

そして、お客さんにも映画館で彼らの成長を一緒に見守ってもらうことで、「いつでもあの頃に戻れる!」「今からでも挑戦できる!」という気持ちになってもらえると嬉しいです。「ゴーストブックの世界」を巡る冒険に一緒に繰り出しましょう!

映画『GHOSTBOOK おばけずかん』ストーリー

こんな言い伝えがあるのを知っていますか?

とある町の古本屋の奥に、ずっとしまってある一冊の本。その本を手に入れれば、どんな願いも叶うらしい。でも、軽い気持ちでその本を開いてはいけない。

開いたら、最後――。おばけずかんの試練があなたを待っている。

作品詳細

映画『GHOSTBOOK おばけずかん』
公開日:2022年7月22日(金)
出演:城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣
監督・脚本・VFX・ストーリー原案・キャラクターデザイン:山崎貴
音楽:佐藤直紀
原作:斉藤洋・作 宮本えつよし・絵 『おばけずかん』シリーズ(講談社刊)
制作プロダクション:ROBOT
制作協力:TOHO スタジオ 阿部秀司事務所
配給:東宝