「ウォールシェルフ」は壁に取り付けるだけで、収納やディスプレイ棚として活用できます。

 おしゃれなデザインなものが多く、キッチンやリビング、洗面所など、いろいろな場所に取り入れやすいのもポイントです。今回は、「ウォールシェルフ」のおすすめ商品や選び方のポイントを紹介します。取り付け方や設計が商品によって異なるため、自分の家や使い方に合ったものを選んでください。

●ウォールシェルフ:取り付け方法を確認

 ウォールシェルフは、画鋲やピンで取り付けられるタイプと、ねじを使うタイプがあります。

 壁をあまり傷つけたくない人は、画鋲やピンで取り付けられるウォールシェルフがおすすめです。壁の穴が目立ちにくいので、賃貸の部屋でも取り入れやすいでしょう。一方で、耐荷重が軽くなってしまうデメリットもあるので注意しましょう。商品によっては専用のピンが付いており、1カ所を複数のピンで取り付けるものもあります。安定感が気になる人は、ピンの本数や取り付け方法を確認すると良さそうです。壁の種類によっては画鋲やピンで取り付けられない場合もあるので、自宅の壁を確認するのも忘れないようにしましょう。

 ねじや釘で取り付けると壁の穴は大きくなりますが、しっかり固定されるので安定感はバッチリです。少し重いものを置きたい、壁に傷が付いても大丈夫という人は、ねじや釘での取り付けがおすすめです。取り外しが簡単にできないため、設置する際はしっかり場所を決めてから取り付けるようにしましょう。

●ウォールシェルフ:落下防止のストッパーがついていると安心

 ウォールシェルフには落下防止のストッパーが付いているタイプもあります。置いてあるものを取り出す時や、割れやすいものを置く場合などは、ストッパーがあると安心です。

 ストッパーがあれば少し不安定なものも置きやすいので、小物類の収納を考えている人におすすめです。

●ウォールシェルフ:デザインや機能に注目

 ウォールシェルフは棚板型やボックス型など、デザインが豊富です。棚板型の場合、つるすように設置するタイプや、フレームがあるもの、土台の上に棚板を置くタイプなど、設置方法が変わるだけで見た目も大きく変わってきます。使いやすさやインテリアに合わせて、いろいろな種類から選べるのもうれしいですね。

 機能面に注目すると、タオルやハンガーを掛けられるフックやバーが付いているものもあります。置くだけでなく、掛ける収納やディスプレイも楽しめそうですね。

●「ウォールシェルフ」のおすすめ商品はこちら!

平安伸銅工業「ウォールシェルフ 3段」

 平安伸銅工業の「ウォールシェルフ 3段」は、取り付け方法がピンとねじの両方に対応しています。一般的な石こうボードの壁は、付属のピンで取り付け可能。ベニヤ板のようにピンで取り付けできない壁には、ねじで取り付けましょう。ねじも一緒に付いています。

 棚板は3段あるので、ものを多く置きたい人におすすめのウォールシェルフです。付属のピンキャップを被せると、ピンで止めた跡が見えないように工夫されています。シンプルでどんな部屋にもなじみやすいデザイン。フレームの色はブラックとホワイトの2色、棚板はジャコビアン、ホワイト、無塗装の3色展開しています。サイズは、約60(幅)×16.5×(奥行)×57(高さ)cm、耐荷重は約7.8kg。販売価格は9500円前後です。

ドウシシャ「ピンで取り付ける壁掛け飾り棚 キューブタイプ ミラー付き KB-20MS」

 ドウシシャの「ピンで取り付ける壁掛け飾り棚 キューブタイプ ミラー付き KB-20MS」は、ボックス型で背面がミラー仕様になっています。

 背面がミラー仕様になっているとボックス内を広く見せる効果があるため、ディスプレイ棚に向いています。化粧品やアクセサリーを飾り、ミラーを使って身支度する、といったような使い方もできそうです。付属のピンで簡単に取り付け可能。サイズは、約20(幅)×10(奥行)×20(高さ)cm、耐荷重は約3kgです。販売価格は2900円前後です。

ドウシシャ「壁掛けフック ウォールハンガー NKB-P40NA」

 ドウシシャの「壁掛けフック ウォールハンガー NKB-P40NA」は、棚板の下にフックが付いているウォールシェルフです。

 フックには帽子やバッグなどを掛けられます。「見せる収納」として使ったり、頻繁に使うものを掛けたり、いろいろな使い方ができます。収納スペースが限られている玄関の壁に設置して、フックにエコバッグを掛け、棚板に鍵を置く、といった使い方もおすすめです。取り付けは付属のピンとねじのどちらでも可能。サイズは、約40(幅)×10(奥行)×10(高さ)cm、耐荷重は約3kgです。販売価格は2400円前後です。

SCHY木製品「ウォールシェルフ 2個セット」

 SCHY木製品の「ウォールシェルフ 2個セット」は取り付け方法がねじのみですが、耐荷重は約10kgとなっているため、重めのものを置いても安定感があります。

 落下防止ストッパーがついているので、割れやすいものや、頻繁に取り出すものを収納するのにおすすめです。取り外しできるタオル掛けも付いているので、洗面所やキッチンでの使用にも適しています。乾式壁とコンクリートの壁に取り付ける際には、プラスチックアンカーが必要になります。乾式壁のプラスチックアンカーはセットに含まれていないので、自分で用意するのを忘れないようにしましょう。サイズは、約42(幅)×14.5(奥行)×7(高さ)cm。販売価格は2個セットで2700円前後です。

EVER FRESH「ウォールシェルフ ロング&ミニセット」

 EVER FRESHの「ウォールシェルフ ロング&ミニセット」は、おしゃれな木目調のデザインが特徴的です。幅45cmのロングタイプと、幅17.5cmのミニタイプが1つずつセットになっています。

 カラーバリエーションも豊富で、ウォルナット、オーク、レッド、ホワイトの4色から好きな組み合わせを選べます。画鋲で簡単に取り付け可能。目立ちにくいクリアピンがセットになっています。サイズは、ロングタイプが約45(幅)×9(奥行)×8(高さ)cm。ミニタイプは約17.5(幅)×9(奥行)×8(高さ)cm。耐荷重はロングタイプで約2kgとなっています。販売価格は1900円前後です。