花粉や梅雨の季節は、外に洗濯物を干したくありませんよね。やむを得ず「部屋干し」を選ぶことになりがちですが、部屋干しで嫌になるのが生乾き臭です。

 その嫌な臭いですが、コツを押さえることで軽減できます。

 ここでは、部屋干しの臭いの原因や予防方法を解説し、臭いを抑えてすっきり乾かすために役立つ便利グッズを紹介しています。おしゃれな省スペース物干しや消臭・除菌剤など、幅広く紹介しているので、自身の暮らしに合ったものを選んでみてください。

●臭いの原因と対策方法を簡単におさらい

 部屋干しで気になる臭い。原因は洗濯物に残った汚れです。部屋干しは洗濯物が乾くまで時間がかかるため、乾くまでの間に多くの雑菌が繁殖してしまいます。

 よって、部屋干し臭を抑えるには、早く乾くよう工夫することが大事です。部屋干し臭の予防のコツとしては、以下があります。

・除湿器を使う

・風通しがよくなるよう、洗濯物どうしの間隔をあける

・風通しのいい場所に干すか、サーキュレーターなどを使って風通しをよくする

・太めのハンガーを使うなどして、できるだけ生地を広げて干す

・酸素系漂白剤や部屋干し用の洗剤などを使って汚れをしっかり落とす

●部屋干しって部屋のどこに干せばいいの?

 部屋干しは、空気が動きやすい、部屋の中央がおすすめです。ただ、広い家でないと、部屋の中央に洗濯物干しはなかなか置けないかもしれません。そうすると部屋の端に干すことになりますが、その場合でも洗濯物に扇風機やサーキュレーター、エアコンなどの風を直接あてるようにすれば早く乾かせます。

 実は浴室もおすすめです。浴室乾燥機がついていなくても、換気扇はあることが多いためです。浴室なら、リビングのスペースを取ることなく、見た目も損なわずに済みますね。

 よくカーテンレールに引っ掛けて洗濯物を干す人がいますが、おすすめできません。カーテンにも衣類にも汚れが移る恐れがありますし、カーテンレールの破損にもつながります。

●部屋干しを狭い賃貸でするには?

 「部屋が狭すぎて物干しを置けない」「賃貸なので、壁を傷つけるような物干し竿の設置はできない」という人には、賃貸用で、省スペースなグッズを使用することをおすすめします。

 例えば、ハンガーラックとして日常的に使えるようなデザインのものを選べば、普段の収納と物干し竿を兼ねて使えます。

 また、縦の空間を効率的に利用できるような物干しを置けば、省スペースです。

 「どこかに引っ掛けて干したいが、引っ掛けられそうな場所がない」なら、かもい(鴨居)を利用するのもひとつの方法です。かもいとは、引き戸の上枠部分のことです。部屋のドアや押し入れなどのドア枠の上部に、出っ張りがないか確認してみてください。小さな部分ですが、かもいに引っ掛けられるグッズはあります。それを利用して洗濯物を干せるかもしれません。

●部屋干し便利グッズのおすすめはこれ!

洗濯物はもう畳まない! おしゃれで大容量のアイリスオーヤマ「スタイル物干し 角型ダブルタイプ」

 アイリスオーヤマの「スタイル物干し 角型ダブルタイプ」は、ハンガーパイプが2本ある物干しで、幅60cmのタイプと幅80cmのタイプの2種があります。

 干せる枚数が多く、ハンガーに掛けた服を、幅60cmタイプなら約14枚、幅80cmタイプなら約20枚も干せます。大容量なのに奥行きは45cmと省スペース。

 このスタイル物干しの大きな魅力は、見た目がおしゃれでスタイリッシュなため、ハンガーラックとして日常的に使えること。これなら物干しとして使った後に折りたたんで収納するような手間もありません。また、洗濯物をハンガーに掛けっぱなしで済むことから、「洗濯物を畳む」家事を軽くできます。

 高さは150cmあるため、コートやスカートなど着丈の長い服も掛けられます。下側を収納スペースとして使えるので、空間を効率的に使えるのもポイント。

 メーカー直販価格は、幅60cmタイプが5800円(税込、以下同)、幅80cmタイプが6130円です。他に、ハンガーパイプが1本だけのシングルタイプもあります。

梅雨の部屋干しや換気にぴったり! 山善のサーキュレーター「AAS-KW15」

 山善の「AAS-KW15」は、自動首振り機能を搭載し、柔軟な角度調節ができるサーキュレーターです。

 風量は3段階に調節できます。風は直進性が強く、従来モデルより風量55%アップのパワフル送風で遠くまで届くため、部屋干しの時間短縮に貢献。「静音」モード搭載なので、就寝時にも稼働させられます。

 また、自動で左右の首振りができ、手動で正面から真上まで約90度の範囲で4段階調節が可能です。

 パワフルな送風と柔軟な角度調節は、部屋の換気にも役立ちます。空けた窓に向かって送風して空気を入れ替えたり、首振りで部屋の空気をかくはんしたりと、梅雨の嫌な空気がこもらないようにできます。

サイズは21(幅)×28(高さ)×18.5(奥行き)cmとコンパクト。販売価格は2980円。Amazon限定販売です。

部屋干しできる場所がないという人に ニトリ「室内&外干し角ハンガー」

 「狭いワンルームだから物干しを置く場所がない」「うまくハンガーを吊り下げられる場所がそもそもない」という人におすすめなのがニトリの「室内&外干し角ハンガー 16ピンチ(ミル)」です。

 ドアの上部やタンスの引き出し、机、かもいなど、小さな出っ張りに掛けられます。そして、フックの角度を変えられるため、洗濯物が傾くことなく、通気性を維持したまま乾かすことが可能です。

 タオル干しが両サイド2カ所ついているため、洗濯物の目隠しにも。メーカー直販価格は499円とリーズナブルです。

衣類用洗剤とあわせて臭い防止に! 消臭・除菌剤 ニトムズ「デオラフレッシュ」

 ニトムズの「デオラフレッシュ」は、部屋干しの臭いを抑えるための消臭・除菌剤です。洗剤ではないため、いつも使用している衣類用洗剤とあわせて使う必要があります。

 竹エキスや緑茶抽出物の力により、洗剤だけでは落ちにくい臭いを落とし、衣類・洗濯機へのカビの付着や繁殖を抑えます。部屋干しの臭いはもちろん、汗やタバコ、魚の臭いにも。梅雨の時期以外でも活躍してくれるでしょう。

 界面活性剤不使用で、肌にやさしい天然成分を使用しているため、赤ちゃんの服にも安心して使えます。

 販売価格は400円〜500円ほど。使ってみて気に入れば、容量の多いお徳用も検討するといいでしょう。

浴室に物干しを設置したいなら 山崎実業「tower マグネットバスルーム物干し竿ホルダー」

 浴室に洗濯物を干したくても、「竿を設置する場所がない」という人には山崎実業「tower マグネットバスルーム物干し竿ホルダー」がおすすめ。浴室の壁にマグネットがくっつくなら使用が可能。壁に穴をあけなくても物干し竿のホルダーを設置できます。

 強力な磁石で固定され、耐荷重は約6kg。多くの洗濯物を干してもしっかり支えてくれます。

 自分が使いやすい高さに取り付けられ、後から位置を変えることもできます。フック付きのため、浴室の小物を引っ掛けられるのもうれしいですね。

 メーカー直販価格は2860円です。