ステンレススチールのベルトを採用した腕時計の中でも、メッシュタイプのモデルは、3連ベルトや5連ベルトに比べ、なめらかに変形しやすく、心地よいフィット感が楽しめます。また、長さ調整も簡単に行えるため、好んで着用する人もいます。

 また、カジュアル感も出やすいため、幅広いシーンに合わせやすい点も特徴です。今回は、予算5万円以内で買えるおすすめの「メッシュベルトの腕時計」を5つ紹介します。

●5万円以内で買えるおすすめ「メッシュベルトの腕時計」:セイコー 5 スポーツ「SBSA017」

 セイコー 5 スポーツの「SBSA017」は、主に海外で展開していた5 スポーツをリニューアルし、機能性を追求したウォッチ。ダイバーズウォッチのようなデザインに加え、デイデイト表示や4時位置のリューズなど、初代セイコーファイブから継承される機能を搭載しています。

 ケースサイズは、42.5(横幅)×46(縦幅)×13.4(厚み)mm。ムーブメントは、キャリバー「4R36」を搭載。ブラックカラーのダイアルと、淡いホワイトカラーを採用したインデックスや針の相性は良く、視認性も優れています。

●5万円以内で買えるおすすめ「メッシュベルトの腕時計」:ノードグリーン「PHILOSOPHER」

 ノードグリーンの「PHILOSOPHER」はシンプルかつ、ミニマルなデザインのウォッチ。ケースサイズは、横幅36mmと40mmの2種類を展開しているため、ペアウォッチとしても人気があります。

 左右非対称な秒針や、2面構造のダイアルなどを採用することで、Philosopher(哲学者)のイメージにピッタリなデザインに仕上げています。カラーバリエーションを豊富に取りそろえているのも特徴です。

●5万円以内で買えるおすすめ「メッシュベルトの腕時計」:ザ・スタック「Authentic Round」

 ザ・スタックは、京都発のクラシックウォッチブランド。「普遍的なデザインとモノ作り」をコンセプトに、クラシックなデザインを採用したウォッチを数多く展開しています。

 「Authentic Round」は、ケースサイズを横幅36mmに抑えているため、男女問わず着用するのに向いています。風防には、ドームガラスを採用することで、アンティークウォッチのようなレトロ感を演出しています。

●5万円以内で買えるおすすめ「メッシュベルトの腕時計」:シチズンコレクション「BU4034-82E」

 シチズンコレクションの「BU4034-82E」は、全体をブラックカラーでまとめたソーラーウォッチ。曜日表示とスモールセコンドのインダイアルに加え、視認性の高いインデックスを備えるなど、機能性も充実しています。

 ケースサイズは、41(横幅)×11.2(厚み)mm。ムーブメントは「キャリバー8725」を搭載。10気圧防水機能も備えているため、水場での着用にも向いています。

●#5#5万円以内で買えるおすすめ「メッシュベルトの腕時計」:ベーリング「14339-307」

 ベーリングの「14339-307」は、ロゴ以外のデザインを取り除いたダイアルが特徴的なウォッチ。ソーラームーブメントを搭載し、濃い紺色のダイアルと白い針は、北欧らしさを見事に表現しています。

 ケースサイズは、39(横幅)×9(厚み)mm。重さも59gに抑えているため、着用感の良さも際立ちます。シンプルながら斬新なデザインを取り入れたウォッチは、腕元をさりげなく演出してくれるでしょう。