もはや必須装備と言えるカー用品「ドライブレコーダー」(ドラレコ)。前方だけを記録するシンプルなモデルのほか、前後2カメラタイプや360度撮影モデル、ルームミラーを置き換えるデジタルルームミラー型なども登場しています。

 万が一の備えとして車に装着しておきたいドラレコ。ここでは、今売れてるドラレコをAmazonのランキングからピックアップ。ランキングトップ10とともに紹介します。

 本記事は、Amazon.co.jpの売れ筋ランキング(2022年12月9日15:30現在)に基づいて制作・集計しています。

●今売れてるドラレコ|前後カメラにSTARVIS搭載 コムテック「ZDR035」

 コムテックの「ZDR035」は売れ筋ランキング上位のモデル。前後カメラともソニー製高感度CMOSセンサー「STARVIS」(200万画素フルHD、HDR対応)を搭載し、夜間も明るい映像を記録できるのが特徴です。

 前後とも対角168度の超広角レンズを採用し、広い範囲をカバー。衝撃を検知して録画する機能やGPS機能など多くの機能を装備。ECショップの実売価格は2万円台前半からと、国内メーカーの高機能モデルとしては手ごろなのも魅力です。

●今売れてるドラレコ|軽・コンパクトカーにぴったりなデジタルミラー型 ケンウッド「DRV-EM3700」

 ケンウッドから登場した、カメラの映像をルームミラー型ディスプレイに映し出すデジタルルームミラー型ドラレコ。10型IPS液晶ディスプレイを採用し、軽やコンパクトカーに最適なサイズになっています。

 リアカメラと組み合わせる前後2カメラタイプ。前後にSTARVISを採用し、後方映像を鮮明にミラーに映し出してくれます。ディスプレイはタッチ操作に対応。ハンドルから手を離さずに録画をスタートできる音声コマンド機能なども備えています。

 ECショップの実売価格は3万円台前半から。12型ディスプレイを採用した「DRV-EM4700」もラインアップされています。

●今売れてるドラレコ|360度の最新高機能モデル コムテック「HDR362GW」

 コムテックから先月登場したばかりの360度フロントカメラ&リアカメラタイプ。フロントカメラが小型化されているほか、フロントカメラにもナイトビジョンを搭載。明かりの少ない車内外を比較的明るく記録できるようになっています。

 内蔵GPSを活用し、逆走やヒヤリハット地点、速度監視路線などを知らせてくれます。360度映像を前方と車内の2分割映像に本体側で変換する編集機能など、高機能なモデルです。

 希望小売価格は5万2800円(税別)です。

●ドライブレコーダー売れ筋ランキング|トップ10

10位:AKEEYO ドライブレコーダー 前後2カメラ

9位:Joyhouse ドライブレコーダー 前後2カメラ

8位:コムテック ZDR002 1カメラタイプ

7位:EX-DASH ドライブレコーダー 前後カメラ

6位:Changer ドライブレコーダー ミラー型

5位:JADO ドライブレコーダー ミラー型

4位:WFK ドライブレコーダー ミラー型

3位:NDO ドライブレコーダー

2位:Gillmar ドライブレコーダー 前後2カメラ

1位:コムテック ZDR035 前後2カメラ