「スマートウォッチ」は、時計の機能に加えて、運動や睡眠のトラッキングなどの健康管理、スマートフォンとの連携機能などを使用できるウェアラブルデバイスです。

 スマートフォンを手に持っていなくても各種操作や通知の確認ができるため、各種操作や通知の確認ができるため、スマートフォンを出しづらい場面でも活躍する便利なアイテムです。

 ここでは「スマートウォッチ」のAmazon「ほしいものランキング」トップ10を紹介します。ユーザーが実際に欲しいと思っている商品なので、ギフトに選んでみるのも面白いかもしれません。おすすめ商品やランキングを参考にしながら、自分に合ったものを見つけてみてください。

本記事では、Amazon.co.jpのほしいものランキング(2024年4月23日11:00現在)に基づいてランキングを集計しています。

●おすすめの「スマートウォッチ」:HUAWEI Band 9

 「HUAWEI Band 9」は、人気機種「HUAWEI Band 8」の後継モデルです。

 HUAWEI Band 8から基本的な形状は変わらず、厚さ(8.99mm)や重さ(14g)、ディスプレイサイズ(1.47型)は同じですが、バンドに新素材「フルオロエラストマー」を採用。肌に優しく滑らかな手触りの素材で着け心地がアップしています。

 最近のスマートウォッチらしく、心拍数と血中酸素レベルの24時間モニタリングに前モデルから引き続き対応。前モデルからの変更点としては睡眠モニタリング機能が「HUAWEI TruSleep 4.0」へとバージョンアップしたことがトピック。新たに睡眠中の呼吸乱れ検知に対応しました。

 ハード面では、センサー類が刷新されたことが注目ポイント。運動センサーが従来の6軸から9軸になり、ユーザーの動きや姿勢をより正確にを判断できるようになっています。特に水泳モードでのフォームの検知精度が向上しているとのことです。

 実売価格は約8000円(税込、以下同)から。

●おすすめの「スマートウォッチ」:Xiaomi Smart Band 8

 高コスパモデルとしてランキング上位の常連だったシャオミ(Xiaomi)の「Smart Band 7」の後継機です。

 心拍数計、睡眠のモニタリング、血中酸素レベルの測定など、豊富なトラッキング機能を備えるほか、Smart Band 7から細かいスペックや質感がアップしています。

 ディスプレイの最大輝度が500ニトから600ニトにアップし、明るさの自動調整にも対応。リフレッシュレートも最大60Hzにスペックアップしているので見やすさが確実にレベルアップしています。

 またボディーがメタリック仕上げへと変更されて質感も向上。ブレスレットのようなチェーンストラップとのセットも用意され、ファッション性も前モデル以上にこだわっている印象です。

 実売価格は約5500円と優れたコスパは健在となっています。

●「スマートウォッチ」ほしいものランキング|TOP3

第1位:Xiaomi Smart Band 8

第2位:HUAWEI Band 9

第3位:Apple Watch SE GPSモデル 40mm スターライト

●「スマートウォッチ」ほしいものランキング|4〜10位

第4位:Vialove スマートウォッチ

第5位:Xiaomi Redmi Watch 4 オブシディアンブラック

第6位:Newluck lo-529

第7位:Xiaomi Redmi Watch 3 Active ブラック

第8位:RUIMEN H1 ピンクゴールド

第9位:Xiaomi Band 8 Active

第10位:Apple Watch Series 9 GPSモデル 41mm スターライト