調査報道とファクトチェックに取り組む「InFact」(運営:NPOインファクト)は4日、「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」で、インターネット上で最近話題になった"要注意"情報を発表した。

 取り上げられたのは、12月1日、「もえるあじあ(まとめサイト)」による、「速報★カナダ報道『オバマ前大統領 逮捕。元CIA職員と共謀し、機密情報を中国に伝達した容疑』」と第する記事。

 「ネット上の情報検証まとめ」はこのWeb記事について、「作家の坂東忠信氏は『要確認情報』としながら同様の言説を紹介し、約2000RTされている。

 情報の出所はいずれもカナダのあるニュースサイトとされているが、そのサイトの文言は8月に米司法省が発表した無関係の文章の一部を改変したものに過ぎない。

 司法省の発表は、元CIA職員の人物が別の元CIA職員と共謀しスパイ行為を行った容疑で逮捕・起訴されたというもの。この容疑者の名前がオバマ氏に改変され、日付も『11月28日』に書き換えられるなどしている。

 詳細はBuzzFeed、ロイター通信、AFP通信などによる検証記事を参照。」とした。

 その他に紹介された真偽不明情報は、次のとおり。詳細は「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」(毎週水曜掲載)で確認できる。

●「CNNがトランプ大統領再選の可能性を放送」
 =9月に放送されたもの

●「トランプ大統領 選挙中ラリーの演説で毎回横田めぐみさんに言及」
 =拉致問題への言及は見当たらず

●「ネバダ州 不正集計が発覚で15万票が無効」
 =大統領選とは無関係な地方選挙での認定保留

●「(新型コロナ感染者)外国人は8割だった」
 =大半は国籍未確認 ほぼ日本人か

記事全文:https://fij.info/archives/8365
過去の回:https://infact.press/tag/weekly-verification/