調査報道とファクトチェックに取り組むNPOメディア・ニュースのタネは12月4日、「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」で、インターネット上で最近話題になった"要注意"情報を5件発表した。

1つ目で取り上げられたのは、Yahoo!ニューストピックスが11月26日配信した「首相代表の支部 違法な支出か」との記事タイトル。Yahoo!ニュースは、文春オンラインが配信した記事に独自のタイトルを付け、「『桜を見る会』とその前夜祭について、週刊文春が、首相が代表の選挙区支部が旅費を支出したことを示す領収書を入手。首相は『旅費・宿泊費等のすべての費用は、参加者の自己負担』と話していた。」とツイッターで投稿。一時、Yahoo!ニュースのトップに掲出されていた。

だが、文春オンラインが配信した記事「安倍首相が代表の選挙区支部 『桜を見る会』に旅費支出の疑い」には、スタッフに旅費を出すこと自体に違法性の疑いがあるという記述はなく、Yahoo!ニュースのツイッター投稿はしばらくして削除された。


その他に紹介された真偽不明情報は、次のとおり。

●「安倍内閣支持率 岩手民報3%など」
 =大半が誤り 「岩手民報」は現存せず

●「10月の小売売上高が歴史的低下という報道が全然出てこない」
 =多くのメディアが報道

●「石破氏、激怒して憲法審査会を途中退出」
 =記事は訂正

●「乱視や近視が分かる画像」
 =近視診断は眼科医が否定

詳細は「《週刊》ネット上の情報検証まとめ」(毎週水曜掲載)で確認できる。

過去の回:https://seedsfornews.com/tag/weekly-verification/