2022年4月、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「eMAXIS 日経225インデックス」の概要

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の4月ランキング1位は、「eMAXIS 日経225インデックス」だった。同ファンドは、日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドである。3月は5.7%のプラスリターンとなったが、4月末時点における基準価額は31,465円と、3月末の32,615円に比べて3.6%下落している。ただ、日経平均株価に連動するインデックスファンドは、株価が下落する局面で買いが増える傾向にある。5月以降も、日経平均株価が下落する場面では、同ファンドに買いを入れる顧客が多いだろう。

■eMAXIS 日経225インデックス
基準価額 32,615円
信託報酬 0.44%(年率・税込)
純資産残高 435.47億円

<騰落率>
1カ月  5.7%
3カ月 -2.6%
6カ月 -4.7%
1年    -3.3%

※3月末時点

全体を見て:外国株式ファンドの人気が高い

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、4月も外国株式ファンドの人気が高かった。2位の「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」は、マイクロソフトやアマゾン・ドット・コムなど、米国の成長株に投資するアクティブファンドである。同ファンドの4月の騰落率は6.79%のマイナスリターンとなった。ウクライナ情勢の緊迫化が続いていることや、米金利上昇によって米国の成長株は売りが優勢になっているからだ。高水準の資金流入は続いているものの、基準価額の下落によって純資産残高は4月に963億円減少した。それでも1兆7,452億円と国内公募追加型株式投資信託(ETF除く)の中でトップの純資産残高であるが、5月以降も米国成長株の下落が続くかどうかが懸念される。

■アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型  
基準価額 10,555円
信託報酬 1.727%(年率・税込)
純資産残高 1兆7,452.96億円

<騰落率>
1カ月 -6.79%
3カ月 -0.55%
6カ月 -6.84%
1年      6.89%

※4月末時点

ここに注目:「ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン」が5位にランクイン

「ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン」が5位にランクインしている。同ファンドは、米国株を中心に割安と考えられる銘柄に投資し、値上がり益とインカムゲインを追求するアクティブファンドである。米長期金利上昇からハイテク株などのグロース株は売りが優勢になっているが、反対にバリュー株は買われ、グロース株からバリュー株への資金シフトが起こっている。3月末時点における同ファンドの3カ月リターンは9.29%となっており、今年に入ってからもパフォーマンスは好調だ。バリュー株優位の展開はしばらく続くと考えられるので、5月以降も同ファンドが三菱UFJモルガン・スタンレー証券のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン  
基準価額 30,808円
信託報酬 1.771%(年率・税込)
純資産残高 387.43億円

<騰落率>
1カ月   7.09%
3カ月   9.29%
6カ月 15.81%
1年     20.97%

※3月末時点