2022年4月、ゆうちょ銀行で多くの資金を集めたのは以下のファンドだった。

第1位「ダイワ・USーREITオープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」の概要

ゆうちょ銀行の4月ランキング1位は、「ダイワ・USーREITオープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」だった。同ファンドは、米国のREIT(不動産投資信託)に投資するファンドである。4月は3.7%のプラスリターンとなり、1年間の騰落率も35.3%と好調だった。ただ、4月下旬から米国金利の急速な上昇によって米国REITは売りが優勢となり、5月13日時点の基準価額は2,553円と、4月末の2,914円に比べて約13%の下落となっている。5月に入って大幅にパフォーマンスが悪化している米国REITであるが、同ファンドが5月以降もゆうちょ銀行のランキング上位に入るかどうかに注目だ。

■ダイワ・USーREITオープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)  
基準価額 2,914円
信託報酬 1.672%(年率・税込)
純資産残高 7,513億円

<騰落率>
1カ月   3.7%
3カ月 14.6%
6カ月 15.3%
1年     35.3%

※4月末時点

全体を見て:「JP4資産バランスファンド」シリーズが人気

4位と5位に「JP4資産バランスファンド」シリーズがランクインしている。同シリーズは、日本と海外の債券と株式に分散投資することで、安定的な収益の確保を目指すバランスファンドである。そして、ランキング4位の「安定成長コース」は、株式50%、債券50%で安定的な成長を目指す。3月は4.10%のプラスリターンになったが、4月末の基準価額は13,604円と、3月末の13,966円に比べて2.6%の下落となった。ただ、海外株式型ファンドよりリスクは低く、マイナス幅も限定的だ。安定的な収益が期待できるファンドとして、5月以降もゆうちょ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

■JP4資産バランスファンド(安定成長コース)
基準価額 13,966円
信託報酬 0.63470%(年率・税込)
純資産残高 1,293.24億円

<騰落率>
1カ月  4.10%
3カ月 -0.58%
6カ月  1.17%
1年     4.51%

※3月末時点

ここに注目:「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」が6位にランクイン

6位にピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)がランクインしている。同ファンドは、世界の高配当利回りの公益株に投資するファンドである。公益企業は電力や水道、通信、石油供給など日常生活に不可欠なサービスを提供していて、一般的に景気の良し悪しに左右されず収益基盤が安定しているのが特徴である。3月は14.03%と高いリターンになったが、4月も4.22%のプラスリターンになった。PERの高いグロース株は米長期金利上昇によって売りが優勢になっているが、公益株などのバリュー株には買いが入りやすい環境となっているのだ。今後も急速な金利上昇が続くと公益株にも逆風が吹きそうだが、ハイテク株などのグロース株よりも相対的にパフォーマンスは高いことから、5月以降もゆうちょ銀行のランキング上位に入る可能性は高いだろう。

 

■ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)
基準価額 2,926円
信託報酬 1.81%(年率・税込)
純資産残高 1兆350億円

<騰落率>
1カ月  4.22%
3カ月 19.33%
6カ月 19.87%
1年    26.74%

※4月末時点