2022年に入り株価は下落しています。2022年5月13日時点の日経平均株価は2万6427.65円で、これは前年末の終値(2万8791.71円)を8%以上下回る水準です。

株価下落の背景にはアメリカの金融政策の転換があるといわれていますが、実は9年前の5月23日も同じ理由で大きく下落しました。「バーナンキショック」と呼ばれ、アベノミクス以降で最初の大きな下落でした。

今日は2013年に起こったバーナンキショックを振り返りましょう。

日経平均1143円安、下落率は歴代11位

2013年当時、アメリカでは2008年から続く量的金融緩和を行っていました。市場に大量の資金を供給する施策で、リーマンショックで傾いた米国経済を立て直す目的に実施されます。

しかし5月22日、当時のFRB(※)議長のバーナンキ氏は量的金融緩和の縮小に言及します。事前に量的金融緩和の継続を示す声明文を発表していただけに、市場は大きな驚きをもって氏の発言を迎えました。

※FRB:連邦準備理事会。アメリカの中央銀行に相当し金融政策を執り行う

バーナンキ氏の発言は株式の売りを誘います。アベノミクスで上昇していた日本株式にも売りが波及し、日経平均株価は前日比で1143.28円もの下落を記録しました。1日の下落率は戦後11位にランクインしています。

【日経平均株価 日足チャート(2013年1月〜6月)】

日本経済新聞社 日経平均プロフィルより著者作成

【日経平均株価 下落率ワースト11】

出所:日本経済新聞社 日経平均プロフィル 上昇・下落記録

日経平均株価は同年6月13日に1万2415.85円の安値を付け下げ止まりました。バーナンキショック直前の終値は1万5627.26円ですから、1カ月足らずで20%以上も下落したことになります。

今年の下げ幅はまだ8%強。アメリカの金融政策転換による下落はまだ続くかもしれません。

今のFRB議長パウエルさんってどんな人?

現在のFRB議長はジェローム・パウエル氏です。バーナンキ氏同様、コロナショックから続いていた金融緩和を修正する役回りとなりました。現在はインフレの高止まりも懸念されているため難しいかじ取りになりそうです。

パウエル氏は弁護士出身で、2018年2月からFRB議長に就任しました。ブッシュ政権下では米国財務省の次官を務めています。2005年までは世界的な投資会社「カーライル」のパートナーとして活動していました。

弁護士出身ということもあり金融政策を危ぶむ声もありましたが、新型コロナウイルスの流行時に緊急利下げを断行するなど柔軟な対応が評価されています。

現在FRBは金融緩和を縮小していますが、パウエル氏は2021年から何度もアナウンスしていました。このような対応もあり、現時点で株式はバーナンキショックほど下落していません。投資家にとって市場との対話姿勢が強いパウエル氏は透明性が高く安心できる人物といえそうです。

FOMCメンバーの顔ぶれは?

アメリカの金融政策はFOMC(連邦公開市場委員会)で決定されます。年に8回行われ、直近では今月3〜4日に行われました。次回は6月14〜15日に開催が予定されています。

メンバーは毎年入れ替わり、2022年は以下13人で構成されています。それぞれ金融政策に対するスタンスが異なりますが、「全体的に“タカ派”が多い」と指摘する声もありました。想定よりも利上げペースが早まると株価をさらに押し下げるかもしれません。

【2022年のFOMCメンバー】
・ジェローム・パウエル(FRB議長)
・ジョン・ウィリアムズ(ニューヨーク連銀、FRB副議長)
・ミッシェル・ボウマン
・ラエル・ブレイナード
・ジェームズ・ブラード(セントルイス連銀)
・エスター・ジョージ(カンザスシティー連銀)
・ロレッタ・メスター(クリーブランド連銀)
・クリストファー・ウォラー
・メレディス・ブラック(ダラス連銀)
・チャールズ・エバンス(シカゴ連銀)
・パトリック・ハーカー(フィラデルフィア連銀)
・ナウリーン・ハッサン(ニューヨーク連銀)
・ニール・カシュカリ(ミネアポリス連銀)

※連銀=連邦準備銀行
出所:FRB Federal Open Market Committee

金融政策に与える影響の大きさから、FOMCメンバーは市場の注目を集めます。「ブラックアウト(※)」が明けるFOMC直後ではメンバーの発言に関するニュースも増えるでしょう。各メンバーがどのような考えを持っているか追ってみてはいかがでしょうか。

※ブラックアウト:金融政策に関する発言を制限するルール。メンバーはFOMCの前々週土曜日からFOMC終了時まで金融政策に関して踏み込んだ発言ができない。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。