久我貴彦さん(仮名)は自動車部品メーカーのエンジニア。定年後も勤務先の継続雇用制度を利用し、現役時代と同じ部署で働いています。同い年の妻、陽子さんも部品メーカーの技術職として定年後も仕事を続けています。

週末には貴彦さんの愛車レクサスを駆って東海地方の地方都市を訪れ、NPO(特定非営利活動)法人による町の経済再生プロジェクトをサポートしているという活発なご夫婦。共にとても60代には見えない若々しさとはつらつとした生き方は、これから定年を迎える職場の後輩たちの羨望の的でもあるようです。

お子さんのいない技術系共働きカップルだけに、リタイア後のライフプランも完璧と思いきや、「3年前に妻の多重債務が発覚するという“家庭内有事”がありまして……。あわや老後破産かという大ピンチでした」と貴彦さんが振り返ります。

そもそも、一時期は夫婦で年収2000万円近かったというパワーカップルが、なぜ定年直前に老後破産の危機に直面したのか。そして、その危機からいかにして脱したのか――。久我家の家庭内有事の顛末を、貴彦さんが話してくれました。

〈久我貴彦さんプロフィール〉
東京在住
61歳
男性
会社員
妻と2人暮らし
金融資産2000万円(現在)

***
 

我が家は、少し前の言い方をするなら「DINKS(Double Income No Kids、子どものいない共働き夫婦)」です。私と妻の収入を合わせれば年間で2000万円近くなっていたはずで、そんな我が家がまさか老後破産の危機にひんしようとは夢にも思いませんでした。

妻は大学の同級生だったこともあり、結婚後も対等の関係を保ち、互いの生き方を尊重してきたつもりです。それぞれ収入があったので自分が稼いだお金は自由に使うのが当然と考え、その結果、私は高級車を何度も買い替え、毎週のようにゴルフに出掛けるなど散財をし、妻は妻で、趣味の茶道で高価な道具をそろえたり、京都まで行って着物をあつらえたりとぜいたくな暮らしをしてきました。

堅実な妻からまさかの告白…「借金500万円」

住居費や光熱費、日常的な食費などの共通経費については、1つの口座にそれぞれが入金する形で管理してきましたが、その他の資産については全く関知しなかったため、私は妻がどれくらいの資産を持っているのか分かりませんし、妻も私の預貯金の額を知ろうともしませんでした。

私は運用に関しては山っ気のある性格で、若い頃には一獲千金を夢見て未公開株や、いわゆる原野商法などに手を出し、痛い目に遭ったことがあります。しかし、妻は学生時代から堅実を絵に描いたような性格で、私の失敗を「あなたはいつも、そうやってよく考えずに行動してしまうから失敗する」といさめる立場でした。

ですから、内心、「私の資産管理が多少アバウトでも、妻はしっかり貯めているはずだから、老後も何とかなるだろう。2人分の年金も出るし」という甘えがあったのかもしれません。“しっかり者”の妻が、まさか多重債務を抱えていようとは、考えたこともなかったのです。

妻から「お金のことで話がある」と切り出されたのは、今から3年ほど前のことです。その日、いつになく深刻な表情で妻が口にしたのは、「自分名義の借金が500万円を超えたかもしれない」という話でした。私にしたら、まさに寝耳に水です。本来ならじっくり妻の説明に耳を傾けるべきところを感情的になり、「どうしてそんなに借りる必要があったんだ? 何に使ったんだ?」と妻を厳しく問い詰めました。

58歳で預金200万円弱、ローン残高1700万円超

妻がぽつりぽつりと語ったところによれば、「茶道のお稽古に通う仲良しグループには裕福な家庭の奥様が多く、お茶会やグループ旅行などお付き合いの出費がかさむようになった。これまでも綱渡りでやってきたけれど、会社の役職定年で手取り収入が3割以上カットされ、足りない分をカードローンやフリーローンで補っていたら、あっという間に借金額が膨らんだ」というものでした。

誰かの借金の連帯保証人になっていたとか、ホストに入れあげてお金をつぎ込んだという良からぬ妄想が頭をよぎっていたので、理由を聞いて少しばかり安堵した半面、500万円もの借金をこれからどうやって返していったらいいのか、言いようのない不安が胸の中に広がりました。その時点で、私も妻も満58歳。定年まで2年ほどしかなかったのです。

翌日は休日だったこともあり、恐らくは生涯で初めて、自分たちの家計のバランスシートを確認しました。恥ずかしい話ですが、当時の金融資産は私が普通預金200万円弱、妻はほぼゼロでした。他には私が死亡保障2000万円、妻が同1000万円の終身保険に加入している程度。むしろマイナスの資産の方が多いくらいで、自宅マンションのローンが1500万円以上、私の車のローンが200万円以上残っていました。

「公的年金だけでは老後資金が2000万円不足」問題がメディアをにぎわせた時は、正直、自分たちには全く関係ない話だと思いました。しかし、その時ばかりは老後破産の恐怖が現実味を帯びて目の前に迫り、私たちは、ただただ頭を抱えるしかなかったのです。

●突然の老後破産危機…夫婦を救った方法とは? 

※個人が特定されないよう事例を一部変更、再構成しています。