先日ソフトバンクグループの決算が話題を集めました。最終赤字1兆7080億円を計上し、同社では過去最大の赤字幅のようです。傘下のビジョン・ファンドが計上した3兆5474億円の損失が響き、前期の4兆9879億円の黒字から一転して巨額赤字となりました。

しかし、上には上がいます。19年前の5月26日、これを大きく上回る2兆3771億円もの赤字決算が発表されました。日本企業で歴代最大の赤字額で、現在でもこの記録は破られていません。

発表した企業はみずほフィナンシャルグループ。今でもたびたび世間を騒がせていますが、当時も大きな話題を集めていました。

今日は日本の赤字額ワースト記録を持つみずほフィナンシャルグループについて注目しましょう。

最終赤字2.3兆円! 巨額損失の理由

日本で過去最大の赤字決算となったのはみずほフィナンシャルグループの2003年3月期です。3兆4359億円もの経常収益(売上高に相当)がありながら純損失は2兆3771億円に上りました。

巨額損失の主な要因は「営業経費」と「与信関係費」、「株式関係損益」です。営業経費は人件費や物件費などの費用で1兆2376億円となりました。与信関係費とは主に貸し出しに関する損失で、不良債権の処理などに伴い2兆923億円もの計上となりました。

もっとも営業経費と与信関係費は前期(みずほフィナンシャルグループの前身「みずほホールディングス」。以下同)にそれぞれ1兆3682億円と2兆4876億円を計上していたため、こちらはむしろ改善しています。

前期比で大きく悪化したのは保有株式の売却にかかる株式関係損益でした。こちらは9249億円の損失となり、前期(1167億円の黒字)から1兆円以上悪化しています。

そもそもみずほフィナンシャルグループは前期も9760億円の最終赤字でしたが、これらの処理で赤字額がさらに拡大しました。結果的に2兆3000億円を超える最終赤字となったのです。

【みずほフィナンシャルグループ2003年3月期における主な損益の内訳】

※みずほフィナンシャルグループの前身「みずほホールディングス」の値

出所:みずほフィナンシャルグループ 平成14年度 決算説明資料データ編

当時はみずほ銀行が発足したタイミングでした。不良債権の処理に追われていた第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の3行は2002年にみずほ銀行とみずほコーポレート銀行に統合され、同年4月から営業を開始しています。

3行の不良債権と保有株式の処理が重なり、日本で最悪の赤字決算となりました。ちなみに2004年3月期は4069億円の最終黒字に転じています。

トラブルは2002年から…みずほ銀行システム障害の歴史

金融やITに詳しくない人も「みずほ銀行といえばシステム障害」というイメージを持っているのではないでしょうか。2022年2月までの1年間で立て続けに11度のシステム障害を起こし、2021年9月には金融庁が業務改善命令を出しました。銀行のシステムに金融庁が関与するのは異例です。

実はみずほ銀行は営業初日からシステム障害を起こしています。2002年4月に新生みずほ銀行としてスタートした日にATMが一部ストップし、二重引き落としや遅延などの異常な処理が250万件にも上りました。

どうしてこれほどみずほ銀行のシステムには異常が起こるのでしょうか。2021年11月に再び出された業務改善命令において金融庁は以下のように厳しい言葉で指摘しています。

当庁としては、これらのシステム上、ガバナンス上の問題の真因は、以下の通りであると考えている。
(1)システムに係るリスクと専門性の軽視
(2)IT現場の実態軽視
(3)顧客影響に対する感度の欠如、営業現場の実態軽視
(4)言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない姿勢

引用:金融庁 みずほ銀行及びみずほフィナンシャルグループに対する行政処分について

金融庁は技術的な指摘にとどまらず企業風土そのものを厳しく断じました。特に「言うべきことを言わない、言われたことだけしかしない姿勢」という言葉は国が私企業に向けるものとは思えません。それだけ金融庁も事態を深刻視したのでしょう。

みずほ銀行は業務改善命令を受け今年1月に業務改善計画を提出しました。システムやガバナンスの強化などの改善を行うとした内容で、現在グループ全体で取り組んでいます。

2024年度上期には“みずほ銀行の父”渋沢栄一が描かれた新1万円札が発行されます。みずほ銀行は無事に父を迎え入れることができるのでしょうか。日本最古の銀行が試されています。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。