「これでは、とても足りない…」。深くため息をつくのは、都内在住の佐藤奈々子さん(仮名・当時37歳)。仕事は楽しい、趣味は充実している。ダイエットもそれなりで健康に問題はない。いわゆる「おひとり様」を満喫するアラフォー世代だ。企画制作会社に勤め、収入は特に高いわけではないが、専門職のため30代の平均年収は超えている。しかし、将来の年金額や老後資金を考えてみると、不安が残る。このままでいいのだろうか…。

今のところ、結婚をする予定はない。もっとも、結婚したとしても、今は共働きが前提。夫の経済力など、あてにはできない時代だ。

「やはり投資をしたほうがいいかもしれない」。モニターに映るネット記事に「老後は2000万円必要」という見出しが書かれているのを、佐藤さんは切迫感を抱えて見つめていた。

自分でやるしかない! アラフォー女性が目覚めた投資の世界

佐藤さんはバブル崩壊後の就職氷河期から、さらに5年ほどあとに新卒を迎えた世代だ。まだ企業が新卒採用をかなり絞っており、奈々子さんも就活では苦戦を強いられた。最初に小さな会社に入り、何度かの転職でスキルアップをはかった。業界自体の規模が小さいため、確定年金制度や確定拠出年金制度のある会社に勤務したことはない。

会社の制度には頼れない、しかし公的年金だけではとても足りない。佐藤さんはいずれの会社でも正規雇用で働いており、厚生年金は積み上げているが、前の世代ほど年金額は多くない。また、現在勤務している会社には退職金もないため、老後資金は自分で用意しなければならない。

たまたまマネー関係の仕事を担当し、「投資はやったほうがいいな」と感じて、早速ネット証券会社に口座を開設。しかし、この頃には放置したまま1年半が過ぎようとしていた。

一方で、実業家が発信するYouTubeの情報で、日ごろからビジネススキルを学んでいた佐藤さん。ある日、実業家のひとことにハッとさせられた。
「これからの時代は毎月5万、10万は貯金や投資をしないと、スタート地点にも立てない」。
過激な言葉だが、一理あると思った。自分たちの世代は、新卒時の給与を低く抑えられ、国や社会に期待できない。「いよいよやるしかないかも」。2020年の年明けに、気持ちも新たに投資をスタートすることにした。

投資の勉強はネットで。ただし、情報の選別には慎重

それまで投資の勉強はしたことがなかったが、早速、情報収集を始めた。主な素材はYouTube、時々Twitterと、このへんは今の30代らしい情報収集スタイル。しかし、ネットの情報には怪しいものも多い。どうやって、見分けているのだろうか。

佐藤さんの判断基準は、自分の投資スタイルを明確にしている人。また、年齢別のおすすめポートフォリオなどを公開している人の情報も、信ぴょう性が高いという。さらに、最も信頼しているのが、「節約法や稼ぐ方法なども一緒に公開している人」なのだという。

「資産って投資だけで増やせるものではないですよね。稼ぐ・節約・貯めるがないと積みあがっていきません。それをしっかり情報配信している人を、私は信頼できる人として見ています。例えば『投資で1千万円資産形成しました』と言っても、そのうち800万円くらいは自己資金だったりするわけじゃないですか?  当然、過剰に煽ったタイトルをつけているような動画は要注意です」

米国株の強さに惹かれ、NISA枠でETFを購入

「たまたま最初に調べたのが一般NISAだったので、自己資金50万円から一般NISA枠で投資をスタートしました。ネット証券でノーロードの全世界株のインデックス投信と、日本企業の個別株をいくつか購入しました」

その後、米国株に強い魅力を感じる。しかし、米国株は一株単価が高く、資金力のない自分が個別銘柄を上手く運用するのは難しい。調べているうちにETFの存在を知り、米国企業全体をカバーするETF、VTI (Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF)にたどり着いた。

「GAFAMを主要銘柄として、米国株に集中投資できると思い選びました」と佐藤さん。年齢的にまだリスクが取れると感じ、効率的に株に投資できるETFを選んだという。

2022年現在はNISA枠の120万円を年明けに一括、さらに毎月8万円近くをVTIに投資。iDeCoもやっており、限度額いっぱい(会社員の上限23000円)でS&P500連動型米国株式の投資信託を買っている。全世界株式は少量持っていてもバランスがよくないと感じ、2021年に手じまいをした。また、日本株もしばらく持ってから売却し、今は米国株に集中投資している形だ。

資産を着実にドルで形成。しかし、思わぬ事態に…

2022年の始めまでは、佐藤さんは順調に老後資産を積み上げてきた。ところが、年初来の米国株価暴落で損失が拡大。さらに極端な円安となり、老後資産をドルで積み立てていた佐藤さんに危機が訪れる。「このままでは一般NISA枠の元本割れリスクも」。心配になった佐藤さんだったが…。


●年初来からの下落にショック!…それでも彼女が「米国株」にこだわる理由

※個人が特定されないよう事例を一部変更、再構成しています。