先日、ロシアが「デフォルト」に陥ったという報道がなされました。デフォルトとは通常、債券の発行者が利息や償還金の支払いを怠ることをいいます。

今回のロシアにおけるデフォルトは、ロシアに対する経済制裁の一環で、国際決済機関がロシアの利払いを受け付けなかったことで起こりました。ロシアは支払い能力があるとし、デフォルト報道に反発しています。

しかし、ロシア財政はおよそ24年前、本当に危機的な状況に陥りました。いわゆる「ロシア財政危機」です。ロシアに何が起こったのか、その経緯を押さえましょう。

ロシアがデフォルト。ルーブルは変動制へ

ロシア財政危機の背景には「アジア通貨危機」がありました。アジア通貨危機とは、タイを中心に起こった東アジア諸国の急激な通貨の下落をいいます。

東アジア諸国の多くは、自国通貨を米ドルと連動させていました。そのような状況で、アメリカは1995年ごろから「強いドル政策」を実施し、米ドル高が進展します。米ドルと連動している国々の通貨も上昇し、それまで経済成長をけん引した輸出が伸び悩んだことから、経常収支が悪化するようになりました。

これらの影響で、タイなどの国々は米ドルとの連動停止に追い込まれ、通貨が急落します。自国通貨の下落に伴い対外債務が増加したことから、東アジア諸国はIMF(国際通貨基金)に支援を求めました。支援に伴って実施された緊縮政策が景気を冷やし、世界的な不況が訪れます。これがアジア通貨危機の経緯です。

アジア通貨危機はロシアにも影響を与えました。もともと輸出の大半を占めていた天然資源価格の低迷に伴い財政が悪化していたところ、アジア通貨危機に伴う世界的な景気低迷がロシア経済を苦しめます。またアジア通貨危機に伴い、新興国から資金を引き上げる投資家が多かったことも、ロシアにとって逆風でした。

ロシアも自国通貨「ルーブル」を米ドルと連動させていましたが、経済状況の悪化などが反映されルーブルは下落します。IMFがロシアを支援しますが、資本流出とルーブル安に歯止めはかかりませんでした。

そして1998年8月17日、ロシアは対外債務の90日間の支払い停止、および短期国債のデフォルトを発表します。同時に米ドルとの連動を弱め、ルーブルの変動範囲を拡大したことから、ルーブルは大きく下落しました。ロシア経済は原油価格が上昇する2003年ごろまで停滞することになります。

【ロシア財政危機におけるルーブル円の推移】

Investing.comより著者作成

参考:内閣府 経済社会総合研究所 アジア通貨危機とその伝播

ロシアルーブルはその後、2005年に連動の対象にユーロを含めた通貨バスケット制を採用し、2014年に変動相場制へ移行しました。

ロシアだけじゃない! 国債が破綻した事例

安全性が高いとされている債券の中でも、国債は比較的低リスクの商品です。それだけに、ロシア国債のデフォルトは市場に大きな影響を与えました。

もっとも、国債がデフォルトした例はロシア以外にもあります。例えば2001年にアルゼンチンが、2008年にエクアドルがデフォルトを宣言しました。今年5月にはスリランカがデフォルト状態に入り、同国経済は混迷しています。

新興国の債券は高い金利が設定されることが多く人気ですが、高金利の背景には財政上のリスクがあることを忘れてはいけません。債券の金利は、基本的に破綻可能性が大きいほど高くなることを覚えておきましょう。

借金1000兆円以上の日本は大丈夫?

国債の破綻となると、決まって話題に上るのが日本です。日本の国債残高は一貫して右肩上がりの状況であり、2022年度末には1026兆円となることが見込まれています。債務残高の対GDP比は250%を超えており、先進国では他に類を見ません。

【対GDP債務残高の国際比較(2021年)】
・日本:256.9%
・アメリカ:133.3%
・フランス:115.8%
・イギリス:108.5%
・ドイツ:72.5%

出所:財務省 財政に関する資料

これだけ負債を抱えると、どうしても破綻が懸念されます。しかし、日本の破綻を否定する人も少なくありません。その多くは日本の対外資産の大きさを論拠にしているようです。

日本は1249兆8789億円もの対外資産を持っています(2021年末時点)。破綻否定派によって「対外資産を現金化すれば負債をすぐに返済できる」という主張がしばしばなされてきました。

しかし、資産の現金化は額面通りにいかないケースも多いでしょう。例えば日本は2021年末時点で世界に1兆9871.69億ドル(1ドル=135円で約268.3兆円)の対外直接投資残高を持ちますが、新興国への投資も少なくありません。資金の回収に難航するケースが懸念されます。

また、そもそも日本は対外負債も838兆6948億円あり、これを対外資産から差し引いた対外純資産は411兆1841億円です。1026兆円もの負債返済には到底届きません。

出所:財務省 令和3年末現在本邦対外資産負債残高の概要
出所:ジェトロ 直接投資統計

現状、日本の破綻可能性が高いというわけではありませんが、日本の対外資産をもって破綻を否定することは難しそうです。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。