近年は海運株が好調です。海運関連銘柄の株価を表す「東証株価指数(海運業)」は2021年から顕著に上昇し、2022年8月末は1234.13ポイントを記録しました。これは2021年1月末(300.97ポイント)から4倍以上になっている計算です。

【東証株価指数33業種(海運業)の推移(月足終値)】

Investing.comより著者作成

しかし現在これだけ好調な海運業も、わずか数年前は冬の時代を迎えていました。例えば老舗の海運企業「第一中央汽船」は7年前に経営破綻しています。同社は東証一部に上場する大企業でもありました。

なぜ第一中央汽船が破綻に追い込まれたのでしょうか。当時の経緯を振り返りましょう。

住友家の老舗海運会社が破綻

第一中央汽船の起源は明治時代にまでさかのぼります。住友家は所有していた別子銅山(愛媛県新居浜市)において、自社船で物資や従業員の輸送を行っていました。その後、1892年に貨客も運び始めたことが、第一中央汽船の始まりとなります。

近年の第一中央汽船は、鉄鉱石や石炭などをばら積み船で運ぶ海運会社でした。ダイヤを定めず荷主の貨物を運ぶ不定期船サービスを中心に展開し、順調に業績を伸ばします。

しかしリーマンショックを受け、海運市況は急激に悪化しました。鉄鉱石などを運ぶ不定期船の運賃を表す「バルチック海運指数」を見てみると、2008年に急落して以降2015年まで低迷していることが分かります。

【バルチック海運指数の推移(月足終値)】

Investing.comより著者作成

第一中央汽船も業績の悪化に見舞われました。財務の改善に取り組んだものの、収益の改善が見込めず、2015年9月29日に約1196億円の負債を抱え破綻しました。

なぜ破綻した第一中央汽船が存続しているの?

第一中央汽船は破綻し上場廃止となったものの、現在も事業を継続しています。第一中央汽船が選択した破綻処理は「民事再生手続き」と呼ばれるもので、これは債務者(このケースでは第一中央汽船)を存続させながら事業の再建を目指す手続きのことです。

対して「破産手続き」は、債務者の事業を停止し、残余財産を債権者に分配することで会社を清算してしまう手続きをいいます。破産手続きが行われた会社は、一般的に解散されるため存続できません。

民事再生手続きがうまくいかない場合、破産手続きに切り替えられる可能性もありました。しかし第一中央汽船は2016年3月9日、資金援助してくれるスポンサーを獲得し、22億9000万円の出資と3億9000万円の貸し付けを受けることに成功します。これらの資金をもとに事業を立て直すことができたため、現在まで存続することができたのです。

なお、スポンサーからの出資に伴い、それまでの株主資本は100%減資されました。つまり第一中央汽船株式を上場廃止前に購入していた投資家は、株主としての権利が一切なくなり、投資元本の全てを失ったということです。

“海運御三家”は大丈夫? 業績をチェック

海運業は景気の影響を受けやすいといわれています。第一中央汽船の業績が悪化した理由も、リーマンショックで海運市況が大きく下落したためでした。近年は新型コロナウイルスが世界的にまん延したこともあり、他の海運株の業績が心配になっている人もいるかもしれません。“海運御三家”とも呼ばれる「日本郵船」「商船三井」「川崎汽船」の業績をチェックしてみましょう。

3社の業績を見ると、いずれも2022年3月期において大幅な増収増益となっていることが分かります。特に純利益の増加が大きく、3社とも前年同期比で数倍以上になりました。冒頭紹介した海運株式指数の上昇は、業績の急拡大を反映したものだと考えられます。

【大手海運3社の業績】

※2023年3月期(予想)は、同第1四半期時点における各社の予想

出所:各社の決算短信より

ただし、2023年3月期の予想は3社とも控えめです。いずれも増収を予想しているものの、純利益の増加を予想したのは川崎汽船のみで、日本郵船と商船三井は減益予想となりました。それを反映してか、2022年における3社の株価は大きく上昇する局面もありましたが、9月20日時点ではほぼ年始水準にとどまっています。

【2022年における大手海運3社の株価(日足終値、年始を100とした場合)】

Investing.comより著者作成

海運株は配当の高さもあり、個人投資家から人気のある銘柄です。今後の値動きがどうなるのか、市場の関心は高いでしょう。

執筆/若山卓也(わかやまFPサービス)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業(IFA)および保険募集人に登録し、金融商品の販売も行う。2017年から金融系ライターとして活動。AFP、証券外務員一種、プライベートバンキング・コーディネーター。