日経平均は8日ぶり反発、中国株高受け令和初の上昇

日経平均は8日ぶり反発。14日の米国市場ではNYダウが反発し、207ドル高となった。トランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談する意向を示し、貿易摩擦激化への警戒感が後退した。本日の日経平均も45円高からスタートしたが、米中摩擦への懸念は根強く、前場にはマイナスへ転じる場面が見られた。ただ、中国の4月工業生産高、小売売上高といった経済指標が市場予想を下回り、景気対策への期待から上海総合指数などが大きく上昇すると、後場の日経平均は強含みで推移した。

大引けの日経平均は前日比121.33円高の21188.56円となった。令和に入り初の上昇となる。東証1部の売買高は15億2404万株、売買代金は2兆5724億円だった。業種別では、繊維製品、不動産業、電気機器が上昇率上位だった。一方、医薬品、鉄鋼、建設業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の64%、対して値下がり銘柄は33%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が3%超上昇し、ソニー<6758>は4%近い上昇。任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、ZOZO<3092>などもしっかり。決算とともに自社株買い実施を発表した三菱地所<8802>や丸井G<8252>は商いを伴って急伸。ルネサス<6723>は業績の底打ち期待から大きく買われた。また、図書印<7913>やじげん<3679>、イマジカG<6879>などはストップ高水準で取引を終えた。一方、決算が嫌気された武田薬<4502>や日産自<7201>は急落。武田薬は同業シャイアー買収の関連費用などから今期赤字になる見通しで、日産自も大幅減益を見込んでいる。ファーストリテ<9983>、NTT<9432>は小安い。また、LINK&M<2170>がストップ安水準で取引を終えたほか、トリドール<3397>なども東証1部下落率上位に顔を出した。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索