しっかり。2400円辺りが上値抵抗帯として意識されており、足元で調整を続けているが、直近安値である2000円辺りでの底固めの動きに。一目均衡表では遅行スパンは実線を割り込み、下方シグナルを発生させているものの、雲上限の切り上がりに沿ったリバウンドが期待されそうである。