直近の調整で支持線として意識されていた25日、75日線を割り込んでいる。一目均衡表では雲を下放れ、遅行スパンは下方シグナルを発生するなど、シグナルは悪化。ただし、ボリンジャーバンドでは一気に-1σまで下げてきたことにより、いったんは自律反発を試すタイミングとして意識されよう。