煮詰まり感が台頭。上値は切り下がる75日線に上値を抑えられる一方で、下値は3月8日につけた年初来安値を起点に下値を切り上げるトレンドラインを継続しており、三角もち合いを形成している。一目均衡表では雲下限での攻防を見せているが、薄い雲である他、遅行スパンは上方シグナルを発生させてきており、もち合い上放れに期待。