9月高値とのダブルトップ形成からの調整を見せているが、25日、75日線が支持線として意識されやすい。一目均衡表では基準線が支持線として機能する格好から、雲を上回って推移。遅行スパンは実線を上回っており、上方シグナルが継続している。25日、75日線からのリバウンド狙いのタイミングになりそうだ。