堅調。米国市場ではハイテク株が買われ、アームホールディングスは8%を超える上昇で2月高値に接近するなか、朝方には2021年5月以来の1万円を回復した。その後は目先的な達成感もあって上げ幅を縮めているが、21年3月高値の10695円が射程に入ってきており、押し目待ち狙いの買い意欲は強そうだ。ボリンジャーバンドの+2σに沿ったトレンドを形成しており、それほど過熱感は警戒されない。なお、+2σについては10560円まで拡大している。