[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;34777.76;+229.23
Nasdaq;13752.24;+119.40
CME225;29410;+20(大証比)

[NY市場データ]

7日のNY市場は続伸。ダウ平均は229.23ドル高の34777.76ドル、ナスダックは119.40ポイント高の13752.24で取引を終了した。4月雇用統計で雇用者数の伸びが予想を大幅に下回ったため回復期待が後退し、寄り付き後、下落。同時に、連邦準備制度理事会(FRB)が早期に金融緩和を縮小するとの警戒感が後退し、上昇に転じた。引けにかけ、金融緩和の長期化を期待した買いが一段と強まり、上げ幅を拡大。ダウは連日史上最高値を更新して引けた。セクター別では、耐久消費財・アパレル、エネルギーが買われた一方、電気通信サービスが売られた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の29410円。ADR市場では、対東証比較(1ドル108.6円換算)で、オリンパス<7733>、鹿島<1812>、太陽誘電<6976>、みずほFG<8411>、ANA<9202>などが上昇した一方、日本製鋼所<5631>、日野自動車<7205>、ブラザー<6448>、TOTO<5332>などは下落するなど、高安まちまちの展開。