[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;35677.02;+73.94
Nasdaq;15090.20;-125.50
CME225;28730;-140(大証比)

[NY市場データ]

22日のNY市場はまちまち。ダウ平均は73.94ドル高の35,677.02ドル、ナスダックは125.50ポイント安の15,090.20で取引を終了した。中国恒大のドル建て債利払い実施による短期的な破たんリスク後退で安心感が広がり、寄り付き後、上昇。10月PMIの上昇も手伝いダウは日中取引で一時史上最高値を更新した。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が討論会でインフレのリスクに言及すると早期の利上げ観測が強まりダウは下落に転じた。引けにかけては好決算を受けた買いが再燃し、再び上昇し終了。ハイテク株は売られナスダック総合指数は下落した。セクター別では銀行、各種金融が上昇した一方で、メディア・娯楽が下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円安の28730円。ADR市場では、対東証比較(1ドル113.50円換算)でトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、日東電<6988>などを中心に全般売り優勢の展開となった。