日経平均は5円高でスタート、前日終値付近でもみ合う展開に

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;23325.50;+5.63
TOPIX;1697.84;-2.49

[寄り付き概況]

 14日の日経平均は前日比5.63円高の23325.50円と小幅反発で取引を開始した。13日の米国市場では、NYダウが92ドル高と上昇。しかし、ナスダックは小幅に下落するなど、まちまちの展開。注目されていたパウエルFRB議長証言については、当面の金利据え置きを示唆しており想定内。農産物購入を巡って米中交渉が難航していることが伝わるなど、米中貿易問題が重石になっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の23330円。円相場は1ドル108円70銭台と円高に振れて推移している。この流れから日経平均は小幅反発でスタートしたものの、直後にマイナス転換。その後は再びプラス圏に転換するなど、狭いレンジでもみ合う展開となっている。

 業種別では、精密機器、情報・通信業、医薬品、水産・農林業、証券・商品先物取引業、空運業、電気・ガス業などがプラスで推移。一方、繊維製品、ゴム製品、パルプ・紙、石油・石炭製品、機械、鉱業などがマイナスで推移している。売買代金上位では、ソフトバンク<9434>、ZOZO<3092>、SUMCO<3436>、HOYA<7741>、ソフトバンクG<9984>、武田薬<4502>などがプラスで推移。一方、楽天<4755>の下落が目立つほか、日産自<7201>、信越化<4063>、ブリヂストン<5108>、GMOPG<3769>などがさえない動きとなっている。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る