GMOインターネットは、2018年8月21日(火)から、GMOあおぞらネット銀行を所属銀行とする銀行代理業を開始した。GMOインターネットは、利用者に対して、GMOあおぞらネット銀行の商品サービス(円普通預金)の案内と口座開設の媒介を行う。



□銀行代理業の概要

銀行代理業者:GMOインターネット株式会社

所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社

許可番号:関東財務局長(銀代)第335号

取扱業務:円普通預金の受入れを内容とする契約の締結の媒介(勧誘)

※銀行代理業務に関して、ユーザーから金銭その他の財産の交付を受けることはない。



□GMOあおぞらネット銀行とは?

GMOあおぞらネット銀行は、銀行経営やリスク管理に関するノウハウを持つあおぞら銀行グループと、インターネット技術や電子商取引(EC)市場向けサービス、インターネット証券に関するノウハウを持つGMOインターネットグループが共同出資している銀行である。





【ニュース提供・エムトレ】