米中通商協議、決裂なら「中国株2割暴落」=金融大手UBS

世界金融大手UBSは6日、米中通商協議による中国株への影響の見通しを発表した。UBSは、貿易交渉が決裂すれば中国A株式市場の株価相場は20%急落すると推測した。香港紙・香港経済日報が6日報道した。



報道によると、UBSの富裕層向け投資戦略および調査部門、チーフ・インベストメント・オフィスが見通し報告書を公表した。米中両国が貿易交渉で合意できない場合、双方の制裁関税合戦が激化し、中国A株式市場の株価相場は15〜20%落ち込み、人民元は対ドルで1ドル=7元台まで下落するとの見通しを示した。



トランプ米大統領が5日、対中制裁関税の引き上げを表明したことで、6日の中国株式市場では株価が急落した。



主要株価指数の上海総合は、前営業日比5.58%安の2906.46ポイントで取引を終えた。深セン成分指数は同7.56%安の8943.52ポイントを付けた。上海と深セン両市場において同日、時価総額約2兆8500億元(約48兆円)が吹き飛んだ。外国人投資家による売り注文で、資金の純流出は81億9000万元(約1300億円)となった。



人民元も対ドルで大幅に下落した。6日の香港外国為替市場で、オフショア人民元は一時1ドル=6.8218元まで下落した。上海外国為替市場のオンショア人民元は1ドル=6.80元付近に下げ、過去2カ月の低水準となった。



米中通商協議の不透明感が増すなか、中国税関総署は8日、4月の貿易統計を発表した。これによると、4月の輸出は前年同月比2.7%減となった。ロイター通信は、指標はエコノミストらが事前に予想した2.3%増に反した想定外の減少だとした。



発表を受けて、8日の上海総合終値は前日比1.12%安の2893.76ポイントを付けた。同日、オンショア人民元は1ドル=6.7716元と前日比0.0109元の元安・ドル高となった。過去2カ月半ぶりの低水準。



(翻訳編集・張哲)







【ニュース提供・大紀元】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索