ネットフリックスを対象とするプットが前日比6倍の大幅上昇(18日10:00時点のeワラント取引動向)

新規買いは原資産の株価下落が目立つJXTGホールディングス<5020>コール52回 10月 600円を逆張り、キヤノン<7751>プット165回 11月 2,950円を順張り、スズキ<7269>コール38回 10月 6,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては楽天<4755>コール250回 12月 1,300円、日経平均プット1001回 8月 19,500円、日経平均プット1020回 12月 21,500円、日経平均 マイナス3倍トラッカー37回 2月 26,000円、WTI原油先物リンク債_2019年12月限コール3回 11月 65米ドルなどが見られる。



上昇率上位はネットフリックスプット19回 8月 230米ドル(前日比6倍)、ネットフリックスプット20回 9月 340米ドル(前日比2倍)、ネットフリックスプット21回 10月 300米ドル(+92.9%)、ソニー<6758>プット279回 8月 4,500円(+66.7%)、ネットフリックスプット22回 12月 320米ドル(+57.6%)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索