欧米の注目経済指標:8月米耐久財受注は反動減の見通し

9月23日−27日に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。



■24日(火)午後5時発表予定

○(独)9月IFO企業景況感指数-予想は94.8

参考となる8月実績は94.3で5カ月連続の低下。製造業の低迷が続いており、企業景況感が改善する兆しは見えていない。9月については先行指標となる9月ZEW景気期待指数が悪化していること、9月マークイット製造業PMIの大幅な改善は期待できないことから、8月実績との比較で小幅な改善にとどまる見込み



■24日(火)午後11時発表予定

○(米)9月消費者信頼感指数-予想は133.5

参考となる8月実績は135.1。先行指標の9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値90.9に改善した。9月については雇用、所得の環境はまずまず良好だが、8月実績はかなり高い水準となったことから、さらなる上昇は期待できない。数ポイント低下する可能性がある。市場予想は妥当な水準か。



■27日(金)午後9時30分発表予定

○(米)8月PCEコア価格指数-予想は前年比+1.8%

参考となる7月実績は前年比+1.6%。経済成長の減速見通しは後退していないものの、個人支出の伸びが一層鈍化する兆しはみられない。8月については、財、サービスの支出増が予想されており、伸び率は7月実績をやや上回る可能性がある。



■27日(金)午後9時30分発表予定

○(米)8月耐久財受注-予想は前月比-1.2%

7月実績は前月比+2.0%で市場予想を上回った。民間航空機受注の急増によるもの。8月については輸送用機器の受注額が大幅に減少し、全体の受注額も大幅に減少する可能性が高いものの、コア資本財の受注はやや増加する可能性がある。



○その他の主な経済指標の発表予定

・23日(月):(欧)マークイット9月ユーロ圏製造業・サービス業PMI、(独)マークイット9月製造業・サービス業PMI、(米)9月マークイット製造業・サービス業PMI

・24日(火):(米)7月ケース・シラー住宅価格指数

・25日(水):(米)8月新築住宅販売件数

・26日(木):(米)4-6月期国内総生産確報値

・27日(金):(日)9月東京都区部消費者物価指数


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索