8月15日−19日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。



■15日(月)午前8時50分発表予定

○(日)4-6月期国内総生産-予想は前期比年率+2.7%

2四半期ぶりのプラス成長となる見込み。行動制限の緩和を背景に個人消費が増加したほか、設備投資や公共投資も増加。実質GDP水準は新型コロナ流行前の2019年7-9月期)に近い水準まで回復。海外経済の減速や中国ロックダウンの影響を受けたが、サービス輸出は持ち直している。



■17日(水)午後6時発表予定

○(欧)4-6月期域内総生産改定値-予想は前年比+4.0%

速報値は5四半期連続のプラス成長。ユーロ圏では昨年後半から物価上昇が顕著であり、経済への下押し圧力は強まっているが、コロナ禍で抑制されていた対面サービス関連産業の回復が進んだことで成長率は加速。ただし、改定値は速報値からの上方修正はないとみられる。



■17日(水)午後9時30分発表予定

○(米)7月小売売上高-予想は前月比+0.2%

6月実績は売上高の前月比の増加は13業種中9業種。ガソリンスタンドの売上増が全体の売上高を押し上げた。7月についてはガソリンスタンドの売上高が6月実績と同水準となる可能性があるため、前月比でプラスとなる可能性がある。



■19日(金)午前8時30分発表予定

○(日)7月全国消費者物価コア指数-予想は前年比+2.4%■

参考となる6月実績は前年比+2.2%と、上昇率は前月から0.1ポイント拡大。物価高対策の影響でエネルギー価格の上昇率が鈍化したが、食料の伸びが高まったことが物価上昇率を押し上げた。7月については、上昇品目数は6月実績を上回る可能性があるため、物価上昇率は6月実績を上回る可能性がある。



○その他の主な経済指標の発表予定

・15日(月):(中)7月小売売上高、(中)7月鉱工業生産

・16日(火):(欧)6月ユーロ圏貿易収支、(米)7月住宅着工件数

・17日(水):(日)7月貿易収支

・18日(木):(米)7月中古住宅販売件数

・19日(金):(欧)ユーロ圏経常収支