豪ドル週間見通し:もみ合いか、米中協議進展への期待持続

■下げ渋り、対中石炭輸出継続の思惑残る

先週の豪ドル・円は下げ渋り。「中国大連の港が豪州産石炭の輸入を禁止」との報道を受けて豪ドル売りが一時活発となった。ただ、中国側では輸入禁止措置について結論を急がないとの見解を表明したことや米中貿易協議の進展が期待されていることから、リスク回避的な豪ドル売りは週末前に縮小した。取引レンジ:78円34銭-79円82銭。

■もみ合いか、米中協議進展への期待持続

今週の豪ドル・円はもみ合いか。豪ドル金利の先高観は後退したが、米中貿易協議の進展や合意への期待が引き続き豪ドルの下支えとなりそうだ。1月雇用統計での正規雇用は大幅増加となったが、10-12月期民間設備投資が低調だった場合、豪ドルの上値は重くなる可能性がある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・28日:10-12月期民間設備投資(7-9月期:前期比-0.5%)

予想レンジ:78円00銭-80円00銭


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索