欧州為替:ドル・円は110円57銭まで上昇

 21日のニューヨーク外為市場ここまで、ドル・円は110円40銭から110円57銭まで上昇している。欧州株高、米株先物上昇を受けて米10年債利回りが2.43%台まで上昇し、ドル買い、円売りが進んだ。



 英国のメイ首相が、EU離脱協定法案の議会通過に向け、この後日本時間24時に新提案を発表すると伝えられ、ポンド・ドルが1.2702ドルから1.2745ドルまで上昇。ポンド・円も140円28銭から140円87銭まで買われており、ドル・円の上昇を後押ししたとみられる。



 ユーロ・ドルは1.1146ドルから1.1161ドルまで反発し、ユーロ・円は123円09銭から123円38銭まで上昇している。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索