NY株式:NYダウ197ドル高、ファーウェイ排除に一定の猶予

米国株式相場は上昇。ダウ平均は197.43ドル高の25877.33、ナスダックは83.35ポイント高の7785.72で取引を終了した。米商務省が、複数企業に対して中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)との取引を事実上禁じる米政府方針について、一部取引に90日間の猶予期間を設けると発表し、買いが先行。昨日下落したハイテク株を中心に買い戻しが広がり、終日堅調推移となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置やテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが下落した。




米中関係の急速な悪化懸念が後退し、クアルコム(QCOM)やマイクロン・テクノロジー(MU)など半導体関連株が買い戻された。携帯端末のアップル(AAPL)も堅調推移。航空機メーカーのボーイング(BA)は、エチオピア航空に納入された「737 MAX」の墜落原因について、航空当局がバードストライクであるとの見方を強めていることが伝わり上昇。自動車部品小売のオートゾーン(AZO)は、決算内容が好感され堅調推移。一方で、百貨店のコールズ(KSS)は、既存店売上高が予想を下振れたほか、通期の利益見通しを下方修正し大幅下落。百貨店のJCペニー(JCP)は、決算内容が嫌気され下落した。




百貨店のノードストローム(JWN)は、マーケット終了後に2-4月期決算を発表し、売上高、1株利益ともに予想を下振れた。時間外取引で下落して推移している。








Horiko Capital Management LLC


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索