個別銘柄戦略:カカクコムやワールドに注目

21日の米国市場では、NYダウが197.43ドル高の25877.33、ナスダック総合指数が83.35pt高の7785.72と上昇し、連れてシカゴ日経225先物も大阪日中比120円高の21370と買われた。22日早朝の為替は1ドル=110円50-60銭と、21日大引け時点より円安。本日の東京市場は米国株高と円安で先安懸念が後退し、昨日に買われたリクルートHD<6098>やJR東日本<9020>、NTTドコモ<9437>など大型内需株を中心にしっかりとした値動きが予想される。また、東エレク<8035>、太陽誘電<6976>をはじめとする半導体など電子部品株も買い戻しが期待できよう。なお、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたパーソルHD<2181>、綜合警備保障<2331>、カカクコム<2371>、サントリーBF<2587>、ワールド<3612>、ラクス<3923>、ファンケル<4921>、共英製鋼<5440>、ABホテル<6565>、トヨタ<7203>、バンナムHD<7832>、カチタス<8919>、日通<9062>などに注目。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索