英ポンド週間見通し:やや底堅い値動きか、合意なき離脱回避への期待残る

■弱含み、合意なきEU離脱の可能性残る



先週のポンド・円は弱含み。英国と欧州連合(EU)は離脱条件について最終的に合意できるとの楽観的な見方が浮上し、ポンド・円は一時135円台後半まで買われた。しかしながら、アイルランド外相は20日、「離脱を巡る交渉に関し合意には近づいていない」との見解を示したことから、ポンド売り・米ドル買いが優勢となり、この影響でポンド・円は135円台後半から134円台前半まで弱含みとなった。取引レンジ:133円88銭−135円75銭。



■やや底堅い値動きか、合意なき離脱回避への期待残る



今週のポンド・円はやや底堅い値動きか。英中央銀行金融政策委員会(MPC)で7-9月期の国内総生産(GDP)の見通しが下方修正されたが、景気回復や利上げの可能性にも言及したことでポンドは売りづらい。欧州連合(EU)からの合意なき離脱を避けることで関係国との協議進展への期待は残されており、リスク回避のポンド売りはやや抑制される見込み。



○発表予定の英主要経済指標・注目イベント

・特になし



予想レンジ:133円00銭−136円00銭


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索