東京為替:ドル・円は108円台前半で推移、中国株安をわずかに意識か

23日午後の東京市場でドル・円は108円30銭台で推移。日経平均株価は小幅高で推移しているが、中国本土株式は弱含みとなっており、リスク選好的なドル買い・円売りが拡大する兆しは出ていないようだ。ここまでのドル・円は108円25銭から108円54銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1116ドルから1.1131ドル、ユーロ・円は120円39銭から120円78銭で推移している。



■今後のポイント

・米国と中国は重大な第一段階の合意到達

・米10月追加利下げの可能性残る

・英国はEU離脱期限の延期を要請



・NY原油先物(時間外取引):高値54.31ドル 安値54.12ドル 直近値54.14ドル


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る