今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆目先的にリスク選好的なユーロ買いは抑制される可能性

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏経済の減速懸念は消えていないことから、目先的にリスク選好的なユーロ買いは抑制される可能性がある。



【ユーロ売り要因】

・米長期金利の上昇

・ユーロ圏の成長減速

・欧州中央銀行(ECB)は金融緩和を強化



【ユーロ買い要因】

・英国は合意なきEU離脱を回避へ

・ドイツの財政出動の可能性

・ユーロ圏の失業率は低下傾向


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る