マザーズなど出遅れ感のある銘柄での循環物色へ【クロージング】

18日の日経平均は続伸。113.44円高の23416.76円(出来高概算12億2000万株)で取引を終えた。先週末の米国市場でNYダウが200ドルを超える上昇で28000ドルを突破する中、日本株市場の反応は限られており、朝方は先週末比変わらず水準で始まった。その後は売り買いが交錯する中、一時23271.29円まで下落する局面もみられた。しかし、引き続き底堅さが意識されている中、米中交渉で揺れる上海市場の上昇や香港デモの影響が警戒されているハンセン指数も上昇すると、これが安心感につながる格好から前引けにかけて切り返している。後場はこう着感の強い展開ではあったが、大引けにかけて断続的なインデックス売買によって強含み、後場の高値で取引を終えている。



東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、若干値上がり数が上回っている。セクターでは、医薬品、その他製品、情報通信、精密機器、サービスが堅調。半面、繊維、石油石炭、水産農林、保険、倉庫運輸、証券が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>がけん引。一方で、ファミリーマート<8028>、7&iHD<3382>、SUBARU<7270>が冴えない。



日経平均はじり高から5日線を上回ってきた。ただし、ソフトバンクGや、東エレクといった指数インパクトの大きい値がさ株が指数を押し上げており、全体としては高安まちまちの展開。TOPIXも5日線を上回り、終値で1700Ptを回復してきているが、セクターでは値上がり値下がり業種がほぼ半分であり、センチメントはそれ程明るくない状況である。規模別指数についても大型株、中型株、小型株指数いずれも上昇しているが、大型株優位の状況であり、先週の流れに対するリバランスの動きとも取れそうだ。



とはいえ、足元で弱い値動きが続いていたマザーズ指数については1.8%の上昇となったことから、一先ず安心感につながろう。決算通過で目先的なリスク要因はなくなったこともあり、大きく売り込まれていた銘柄などへは、個人主体による見直しの動きが見えてくるかが注目されるところ。日経平均は高値圏でのもち合いが続く中、外部環境に大きな好転等がないと先物主導によるインデックス売買のみでは息切れも生じるだろう。それ故に、目先的にはマザーズ銘柄等、出遅れ感のある銘柄での循環物色に向かいやすいところでもある。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る