個別銘柄戦略:東急不HDや三菱UFJリースに注目

19日は米NYダウが102.20ドル安の27934.02と下げたが、ナスダック総合指数は20.72pt高の8570.66と小高く、シカゴ日経225先物は大阪日中比45円安の23245円と小幅安。20日早朝の為替は1ドル=108円50-60銭(19日大引け時点は108.62円付近)。本日の東京市場は、引き続き電子部品株を中心に軟調地合いが優勢となろう。昨日は太陽誘電<6976>が4.9%安、SUMCO<3436>が3.1%安、SMC<6273>が2.9%安などと電子部品や設備投資関連セクターの下げが目立った。本日も円相場の強含みや米SOX指数の下落から押し目買いは鈍りやすく、東エレク<8035>など半導体関連株のほかソニー<6758>、トヨタ<7203>などがさえない動きを強いられよう。ただ、大勢では物色意欲は引き続き旺盛とみられ、OLC<4661>やリクルートHD<6098>など内需の大型銘柄や昨日買われた武田<4502>など薬品株には買いが向かおう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された日清食HD<2897>、東急不HD<3289>、東京ベース<3415>、JSR<4185>、ブリヂストン<5108>、共英製鋼<5440>、住友鉱<5713>、ルネサス<6723>、セイコーHD<8050>、三井住友FG<8316>、三菱UFJリース<8593>、近鉄エクスプレス<9375>、Jパワー<9513>、丹青社<9743>、ニチイ学館<9792>などに注目。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る